読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

秘密は日記に隠すもの

秘密は日記に隠すもの

秘密は日記に隠すもの

作家
永井するみ
出版社
双葉社
発売日
2012-07-18
ISBN
9784575237795
amazonで購入する

秘密は日記に隠すもの / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やっさん

★★★★ 再読。手記が主体となる作品は叙述トリックを覚悟すべきだね。個人的に〝イヤミス女王〟は湊かなえではなく永井するみ。特に「道化師」の結末はドン引きレベル。これが遺作だが、つくづく夭逝が惜しまれる。

2018/01/04

milk tea

日記形式のミステリー要素入りの連鎖短編集。4人が最後に繋がるのかと思ってましたが、この本が遺作となってしまったため、続きがあったかどうかも不明。日記というものは秘密めいたものですが、ここでは盗み読みされたり、わざと読ませるように仕掛けたりされます。知られたくない日記は書かない方がいいですね。心の中にそっとしまいましょう。

2017/10/22

yanae

こちらも読メ始めた当初からの積読本。読めてスッキリ。だけど、相反して内容はドロドロのブラックな感じ(笑)こわいこわい~。けどうまいうまい~。特に姉妹と親子の話は最後にひぃぃとなりました。あくまで個別の短編なのだけど、それぞれの日記にほかの登場人物がリンクしていて、それも面白い。明るい話ではないけど、ぞわっとしたい人にはお勧めの一冊です。永井さんはどれもこんな作風なのかしら?初作家さんでした。

2019/02/04

Satomi

毒のある日記風短編4話。日記は他人に見せる事を前提にしてない。Twitterともブログとも違う。その日記に隠された秘密。妄想したり夢を見たり…か。誰かを陥れるための日記ってのが斬新で面白い。全く別の話しでありかながらそれぞれの話にほんのり繋がりのある。絶筆となった最後の小説。本当は他の仕掛けを用意してあったのではないかと思うと残念でならない。

2016/09/18

くろにゃんこ

短編4つ・・・少し登場人物に繋がりが。なるほど・・・日記というのは書きようによっていくらでもミスリードできるからなぁ(^_^;)これが永井さんの最後の作品なのですね。遡って読んでみたいと思います。

2016/10/23

感想・レビューをもっと見る