読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ガラスの殺意

ガラスの殺意

ガラスの殺意

作家
秋吉理香子
出版社
双葉社
発売日
2018-08-21
ISBN
9784575241129
amazonで購入する Kindle版を購入する

ガラスの殺意 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

秋吉 理香子は、新作中心に読んでいる作家です。著者版、リアル『掟上 今日子』、今回はイヤミス度が低いラブ・ミステリでした。いずれにしても、不幸がテンコ盛りの大変可哀相な主人公です。

2018/09/20

ウッディ

事故に遭い、脳機能障害を負った為、数十分しか記憶が続かない真由子から、自ら人を刺し殺したという通報があった。相手は両親を殺害した殺人犯、彼女に犯行は可能なのか?記憶が保てないと、自分が今どこにいるのかもわからず、目の前の人が自分の敵か見方かもわからない。目撃者もない真由子の犯罪をどのように立証するのか興味を持ったが、そこはスッキリしなかった。むしろ真由子にとって誰が敵で誰が見方かが話の中心だった。認知症の母を抱える刑事の記憶障害の真由子への想いも重苦しい感じでした。

2019/03/21

しんたろー

秋吉さん初読み。ある事件で20分しか記憶維持できない女性・麻由子が殺人を犯す…本当に彼女が犯人なのか?刑事・優香が真相を追うと…。二人の女性の視点で話が進んで行く構成はスリリングでドキドキ…麻由子目線は記憶障害の恐ろしさを疑似体験できるし、優香は認知症の母を介護できない苦悩を抱えているので、共感しつつ自分の家族に想いを馳せた。ミステリとしては重要人物、ある二人の動機が強引に感じたり、伏線がアンフェアに感じる点もあるが、サスペンスとしては堪能できるテーマと思えた。そして、純愛が切なく響く余韻も素敵だった💛

2018/12/27

のり

通り魔事件で三人の命が奪われた。その内「麻由子」の両親が含まれる。現場に居合わせた麻由子は犯人の「閤田」から逃れたが運悪く車に跳ねられ、高次脳機能障害に…数年後、交通事故の加害者でもある「光治」と結婚。時が経ち、通り魔事件の閤田が社会に出てきた事を知る。記憶を保てないながら日記に犯人への恨みを連ねて復讐を願うが、それが現実となる。全く覚えはないが通報したのは麻由子自身。現場の状況も物語っいるが…二転三転する事実。悲しすぎる結末。記憶障害は本人も支える側も苦悩が多々ある。

2019/04/05

うっちー

ミステリーと恋愛ものの二本立ても、どちらもやや消化不良

2018/09/24

感想・レビューをもっと見る