読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

会社を綴る人

会社を綴る人

会社を綴る人

作家
朱野帰子
出版社
双葉社
発売日
2018-11-21
ISBN
9784575241303
amazonで購入する Kindle版を購入する

会社を綴る人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

兎に角不器用で生き方下手な男・紙屋。唯一の取り柄は『文章力』(なんて羨ましい)こんな男が主人公。出来る家族の中のダメな弟。そうか?ちがうだろ(あれ?どこかで聞いたフレーズ・・汗)やりたいことがある人間とない人間かぁ。紙屋君、十分恵まれていますから~!多くの人間は生きて行くために色んな事のみ込んでいるのですよ。『やりたいことだけやる』人ばかりじゃ会社は回らないが、この紙屋の取り柄で風穴があいたのも事実だった。実際は取り柄だけで生きるには周りの理解が肝要だろうな。あとがきまで紙屋の熱に煽られて一気に読んだ。

2018/12/21

R

様々なこともおきるし、文章で解決もしたり、人とのつながりやうねりが起きたりということがあるんだが、最終的にどうだったのか、ひとつの感想で終わらない物語でした。会社で生きるとは、何ができるのか、そういったことを語りつつも根っこでは、人に伝えるとは、伝えたいという気持ちはどこから沸くのか、そんなことを考えさせられた小説でした。もっと軽い感じなんだけど、なんか自分には、考えさせられることの多い物語でした。

2019/02/06

ナイスネイチャ

図書館本。仕事が出来ない社員と揶揄されている主人公。文章能力のみ取り柄で転換期の会社で悪戦苦闘する物語。自信がダメ人間と割りきって、悪口言われようが黙々と仕事する(ミスしますが)。まぁ社員の能力伸ばすのは会社と上司の責務だが、なかなかこの物語のように出来ないなぁと。

2019/02/14

のぶ

この本も一つのお仕事小説なのだろう。面白く読む事が出来た。注意力散漫で何をやってもうまくできない30代の紙屋が、何とか最上製粉というパンメーカーにどうにか就職することができた。配属先は総務課。ところがここでも、あまりのお粗末さに職場のお荷物となってしまう。唯一の特技・文を書く事。そんな会社が吸収合併されることになる。そんな中、自費で最上製粉最後の二年間の社史の発刊も手掛ける紙屋。自分も会社勤めで総務の仕事も知っているので、境遇は良く分かる。見方を変えると本書は、裏・池井戸潤ではないかと思った。

2019/01/03

とろとろ

主人公のグタグタ感が半端ない。普通こういう人は会社の御曹司でも無い限り無理っしょ。更に、この仕事は出来ないと言ってきっぱりと断るし、どっちが上司なのかわかんねぇや。セクハラも、相手が楽しんでいるようなので、この程度じゃ言わないと思うし…。で、最後にドンデン返しの結末となるのだが、本当はその後の話の方が面白くなりそうだったのに何だか残念。あの程度の「社史」でこの話を終わりにしようなって許せないわ。しっかりその後も働いて、新しい職場での後日談が欲しかった。それでこそ「完全版」になるような気がするが…。

2019/06/24

感想・レビューをもっと見る