読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

刑事の慟哭

刑事の慟哭

刑事の慟哭

作家
下村敦史
出版社
双葉社
発売日
2019-05-21
ISBN
9784575241747
amazonで購入する Kindle版を購入する

刑事の慟哭 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

「熱い社会派」下村さんの新作は裁判員制度の問題点とSNSの闇を取り上げた今日的な力作。主人公・田丸刑事が孤独で独善的なのでイラつくのが難点ではあるが、読み進めると彼にも共感できる創りになっているのが上手いし、著者お得意の「熱い男の友情」がラストに効いてくる。裁判シーンでは検察官と弁護士の戦術合戦が傍聴しているような臨場感があった。事件解明に関しては御都合感もあったが許容範囲だし、次々に起こる事件、複合的な構成、畳みかける終盤で充分に楽しめた。田丸は未読の『叛徒』に登場しているようなので読まなくては!♬

2019/07/22

旅するランナー

自分には「居場所」がない、自身の存在理由を問う毎日だ。組織に楯突く者扱いされる田丸刑事と、社会に不満を持つ連続ブラック企業爆破犯の気持ちが交差していく。有能な竜ヶ崎弁護士による裁判員裁判も絡んで興味深い展開。さらに、色んな不寛容が溢れる社会への警鐘まで織り込む佳作。容疑者をわざと間違える主人公に「お前に振り回されたら事件がオミヤ(迷宮入り)になってしまう」とほざく管理官。オミャーがもっとも許せんがな。

2020/02/02

のぶ

下村さんの新刊は警察小説だったが、全体的に暗く静かな物語だった。主人公は新宿署の刑事、田丸茂一。冒頭は新宿のブラック企業爆破事件の発生から始まる。舞台は移り、絞殺体で発見されたOLの事件が発生するが、組織に刃向かい、居場所を失くし事件捜査でも主軸から外されたが、帰宅途中に歌舞伎町の人気ホストの刺殺体を発見する。本書では田丸が孤独な人間として描かれているように感じた。そんな田丸の姿と並行して、裁判員裁判が描かれるが、この内容は非常に興味深かった。いろんな読み方のできる印象を持った作品だった。

2019/06/11

nobby

描かれるのは組織に盾突き村八分状態な秀逸な刑事の葛藤で、それまさに『刑事の慟哭』そのもの。ただ、如何せん主人公の冷めた様子や場違いの猛進にイマイチ情熱や真摯さが感じられないのが残念…序盤で語られるビル爆破事件と新宿を舞台に続く殺人が、裁判員制度による公判に絡んで繋がっていく展開はなかなか面白い。後半で辿り着いた犯人はビンゴで少し得意気(笑)それにしても、徹底的に周囲が聞く耳持たず疎外された結果として、自ら道化を演じる駆け引きでしか解決に導けないとはいかがなものか…互いに相棒を思い合う様にようやく救われる…

2019/06/26

utinopoti27

新宿署の田丸は、組織の捜査方針を逸脱し、独自に真犯人を突き止めた過去を持つことから、かえって仲間から疎んじられている存在だ。そんな彼が、担当する殺人事件と、ある重大事件との関連性に気付いたあたりから、物語は意外な方向に進みだす・・。裁判員制度の盲点を上手く突いたアイデアは斬新で、キレのある法廷シーンも読ませどころだろう。ただ、田丸の立場が自己犠牲に偏りすぎて、救いのない展開は読んでいて辛い。何よりも竜ケ崎弁護士のキャラが立っていただけに、主役が喰われた印象が残るのはやや残念だ。シリーズ化に期待したい。

2019/10/04

感想・レビューをもっと見る