読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アウシュヴィッツのタトゥー係

アウシュヴィッツのタトゥー係

アウシュヴィッツのタトゥー係

作家
ヘザー・モリス
金原瑞人
笹山裕子
出版社
双葉社
発売日
2019-09-11
ISBN
9784575242041
amazonで購入する

「アウシュヴィッツのタトゥー係」のおすすめレビュー

アウシュヴィッツ収容所という地獄で見出した恋と希望――実話をもとにした抵抗の物語

『アウシュヴィッツのタトゥー係』(ヘザー・モリス:著、金原瑞人・笹山裕子:訳/双葉社)

 好きな仕事をみつけて成長したい。さまざまな経験を積んで、世界を見て回りたい。そしてなによりも、この人しかいないという人をみつけ、恋に落ち、ともに楽しい時間を過ごしたい……。

 若者の誰もが胸に宿すささやかな望みを真っ黒に塗りつぶされ、「朝、目が覚めたなら、今日はいい日だ」と思うまでに追い詰められた人々がかつていた。ナチスによる民族浄化作戦で迫害された被害者たちだ。

 第二次世界大戦、アドルフ・ヒトラーが率いるナチス政権は、彼らが思うところの「劣等民族」を次々に収容所に送り込み、殺していった。標的となったのはユダヤ人だけではない。非定住民族のロマやナチスにとっての敵国人、またヒトラーを厳しく批判した学者や言論人も含まれていた。要するに「気に入らない者」なら誰でも抹殺したのだ。

 本書『アウシュヴィッツのタトゥー係』(ヘザー・モリス:著、金原瑞人・笹山裕子:訳/双葉社)の語り手であるラリは実在の人物である。1942年から1945年までの3年間、アウシュヴィッツとビルケ…

2019/10/4

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

アウシュヴィッツのタトゥー係 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あさうみ

素晴らしい本!!「朝、目が覚めたなら、今日はいい日だ」この言葉の重み、忘れたくない一言になった。人が人をここまで残酷に扱った史実は忘れてはいけない。胸が張り裂けそうな過酷な環境、明日生きているか解らない。でも、他人を思いやり優しくできる。多くの事を教えてくれる本。人を支配するのは差別や迫害の恐怖ではなく、愛。多くのひとに読まれて欲しい。

2019/10/04

星落秋風五丈原

収容所では本当に何の前触れもなく人がいなくなる。その恐ろしさ。BBCドラマ化決定。

2019/09/30

しゃお

アウシュヴィッツ収容所でタトゥー係となったラリが、ある女性ギタと恋に落ち、好きな時に好きなだけ愛し合えるようになるまでなんとしても生き延びる事を決意し、「朝、目が覚めたなら、今日はいい日だ」と思う、想像を絶する収容所の日々を描いた事実に基づいたフィクション。一瞬で命が奪われていく世界でラリ達が生き延びれたのは人が生来持つ優しさや強い意志。最後の息子さんの結びの言葉が印象深く、どれだけラリがギタの事を愛していたのか分かる一文では溢れる涙を抑えきれませんでした。

2019/10/08

Hannah_Swensen

第二次世界大戦下、アウシュビッツに送られたスロヴァキア国籍のユダヤ人・ラリの物語。早い段階でたまたま、新しくやって来た被収容者たちの腕に番号のタトゥーを入れる役職に就く。数か国語に堪能で頭の回転が速いラリは、比較的マシな環境の中で部外者とのツテを使って食料や薬を手に入れ、それを他の被収容者のに配ったりする。過酷な収容所生活に残酷な場面もでてきますが、ギタとの恋の行方が気になって、あっという間に読了。実話を基にしたフィクションなので、名簿やラリ達の写真には心が痛みます。続編のチルカの物語の翻訳も楽しみ。

2019/09/25

かもめ通信

収容所で出会った恋人達の物語は、語り残したいという当事者の強い希望により実現したインタビューを元に綴られた。既に映像化も決定しているだけあって、場面場面が目に浮かぶような筆運び。もっとも一番印象に残ったのは、収容所の女たちが四つ葉のクローバーを探すのは、自分の幸運のためではなく、それをドイツ兵に差し出せば、多少なりとも便宜が得られるからだという話。ナチスの将校たちでさえ、四つ葉のクローバーに一縷の望みを託すのだ。もしも戦争がなかったらどんな人生があったのだろう。戦争は誰の運命をも狂わせてしまうのだ。

2019/10/21

感想・レビューをもっと見る