読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カッコウの微笑み

カッコウの微笑み

カッコウの微笑み

作家
福田和代
出版社
双葉社
発売日
2019-09-18
ISBN
9784575242072
amazonで購入する Kindle版を購入する

カッコウの微笑み / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

ハッカーがかたき討ちをする背後にある本当の悪・・なんだかこのような作品を読むと、本当に起きていても不思議では無くて、下々の人間が知らない闇がどんだけ渦巻いているのか?って気持ちにさせられる。どうか小説の中のことだけでありますように・・老いた実の父親の姿は異母兄弟の二人には何ということもなく、あれから後の環境が今のそれぞれを構築しているのだと。ちょっと切なく読んだ。

2019/10/27

モルク

父親のDVにより「あいつ」のようにはならないと固く心に誓った太一。親のネグレクトで祖父待野の元で育った理穂子。太一は待野の依頼のもとハッカーとして仕事をしていたが、製薬会社のデータを渡したあと待野は不審な交通事故死をとげる。真相を追及しようとする太一そして理穂子のもとにも黒い影が迫る。異母弟みっちゃんの危機、そして仲間たちと、スリリングな展開だった。何度も危険な目に会いながらも巨悪の正体と闘うのは痛快。最後まで読んで「カッコウ」の意味を知る。

2020/03/01

ゆみねこ

ハッカーの太一と、大きな権力のせめぎあい。ろくでもない父親と異母兄弟。ネタバレになるので詳しくは書かないけれど、ストーリー展開が面白くて一気に読了。

2019/10/24

いたろう

ハッキングや不法侵入で、情報を盗むことを仕事にしている太一。家族に恵まれなかった太一にとって、親のような存在であり、仕事を回してくれるパートナーであり、年の離れた恋人・理穂子の祖父である待野が、ひき逃げにあって亡くなった。これは、ひき逃げを装った殺人なのか。待野は深夜の街で何をしていたのか。待野の遺したものから真相に迫ろうとする太一だったが、事態は急速に展開する。脛に傷を持つ身で、警察を頼れないダークヒーローが戦う相手の正体は? ITを駆使した謎解き、手に汗握る展開は、さすが福田さん。今作も安定の面白さ。

2019/12/22

taiko

ハッカーの太一が盗んだのは製薬会社のある情報。 その後、その仕事を依頼した太一を育てたボスの待野が、ひき逃げ事件で突然の死を遂げた。 待野が掴んだ情報は一体なにか?… 太一が待野のしに疑問を感じ、その真相を探っていくのと並行して、太一の不遇の生い立ちが語られます。 その中で、あるビックリする人生の交差がありました。 話の展開がスピーディで、人間模様の絡みもあり、とても面白かったです。 ラストはある意味のハッピーエンド。 待野の大きな愛に太一は救われたと思います。

2019/12/22

感想・レビューをもっと見る