読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

背中の蜘蛛

背中の蜘蛛

背中の蜘蛛

作家
誉田哲也
出版社
双葉社
発売日
2019-10-16
ISBN
9784575242140
amazonで購入する Kindle版を購入する

「背中の蜘蛛」のおすすめレビュー

唐突に容疑者が浮上する違和感…『ストロベリーナイト』著者が描く、前人未到、衝撃の警察小説

『背中の蜘蛛』(誉田哲也/双葉社)

 科学技術の進歩により、かつて迷宮入りしていた事件が解決に導かれることは少なくない。では、情報社会の現代において、警察はどのような最新技術を用いて捜査を行っているのだろうか。その方法を知ることはできないが、私たちはあらゆる場所にあらゆる痕跡を残しながら暮らしているような気がする。街中に目を光らす監視カメラ。プライベートがぎっしり詰まった一人ひとりのスマートフォン。すべてが筒抜けと言われるインターネットの世界…。警察は、事件解決のためとはいえ、そのような情報をどのように扱っているのだろうか。情報社会は監視社会と同義か。そう考え始めると、やましいことがあろうとなかろうと、なんだか息苦しい。

 誉田哲也氏が描く最新作『背中の蜘蛛』(双葉社)の世界は、果たして本当にフィクションなのだろうか。誉田氏といえば、「ジウ」シリーズや「姫川玲子」シリーズなどの警察小説で知られ、どの作品もダークな世界観が魅力的だ。だが、もしかしたら、ここまで強い衝撃を受けた作品は初めてかもしれない。何が衝撃を与えるかといえば、それは、この物語と同じ…

2019/11/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

背中の蜘蛛 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

旅するランナー

誉田哲也でこのタイトルってことで、Sラーソンの「ミレニアム」的グロい犯罪小説を予想してたけど、蜘蛛っていうのはウェブの方なんですネ。すでに我々の生活は、サイバースペースに呑み込まれ、ネットに絡み取られてしまっているのか? 通信傍受による捜査・管理・統制の世界を否定・肯定織り混ぜて公正に描くことに好感が持てます。感情の入り込む余地のないデジタル世界でも、小さな愛が撹乱要因となる話の持って行き方が上手い。新たなテクノロジーを手に入れ使う人間が必ずしもすべて清廉潔白ではないことが、人類の永遠の課題なんでしょう。

2019/12/23

修一郎

姫川玲子シリーズにも「ソウルケイジ」とか十分に心揺さぶられる作品があるのになんでこのタイミングで誉田さん直木賞ノミネートなのかしら。。最新のサイバー捜査を描いたってところが評価されたのかもしれない。感情移入してしまう人物描写はいつも通りだ。スノーデン事件や米国の捜査を参考にして組織を創作したのだろうが総務部情報管理局運用係に相当するものは実際ありそうだ。面白かったけども,ゴールデンスランバーのように似たテーマを扱った作品は過去にもあって、こちらが直木賞を獲ることはなさそうだけども,どうだろうか。。

2019/12/30

mint☆

読むのがお久しぶりの誉田さん。第一部、第二部は含みを持たせた終わり方。長編小説と思って読み始めたのにあれ?この話は何処へ行く?モヤモヤが残ったまま最終章の第三部へ。繋がりが見えてくる。小説とはいえ実際にありそうな「過剰な国民監視、秘密裏に進められるプライバシーの侵害」。犯罪を取り締まる事だけに使われるなら賛成だけど結局は使う人次第。間違った正義で使って欲しくない。私の背中にももう既に蜘蛛はついているのか。

2020/02/08

KAZOO

久しぶりに誉田さんの本が出ました。ただ3部構成に分かれている中で第1部はすでにアンソロジーの中に収められていて読んでいました。第1部第2部はあまり関係ない事件なのですがあるところでつながりが出てきます。この本の中心を占める第3部では警視庁の中での新しい組織を中心としてそれがすべての事件につながってくるということなのです。ある意味これからの情報世界への警鐘小説的な意味合いがあるという気はしました。

2019/10/22

Yunemo

「背中の蜘蛛」と「蜘蛛の背中」、どこに違いが?著者の意図がここにあるのかな、なんてことを想い。人は一人で生きられない、相互協力の集合体、それが社会であり国家、ここに現実の大きな問題、壁が立ちはだかっている、そんな感覚が沁みての本作品。先端技術の表れは米国の軍事技術の研究、開発から、そして各国へ、民間への波及。その使用方法は多岐にわたり、ついには、各人のプライバシーにおよび、犯罪捜査のエポックとなっていく、もう現実になっているかもしれませんが。蜘蛛の存在が、人間の倫理観を試すものなら、使用者の高潔感のみが。

2019/11/10

感想・レビューをもっと見る