読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

乳房のくにで

乳房のくにで

乳房のくにで

作家
深沢潮
出版社
双葉社
発売日
2020-09-16
ISBN
9784575243260
amazonで購入する Kindle版を購入する

乳房のくにで / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

『かけらのかたち』を読んでからの深沢さん作品二作目です。相変わらず女性特有&ならではの目線で書かれており、妬み&つらみなどがてんこ盛りです。読んでいて、決して明るいキモチになれるとは言いがたい内容でしたが、不思議と淡々と読ませる熱量があります。乳母、離婚、シングルマザー、そして過酷な姑問題など、とにかくなかなかの重量感あふれる作品でした。出産と育児にもふれており、これはこれでなかなか読ませる展開でしたね。ラストは正直、意外な流れに転換し、まさかまさかの結びでした。最後まで飽きさせないテンポで良かったです。

2020/11/12

よつば

一体いつの時代の話かと思う程、時代錯誤も甚だしく不愉快極まりない。そう思わせる事が作者の狙いなんだろうとその策略を感じながら読み進める。物語冒頭、電気・ガス・水道を止められ生後3ヶ月の娘・沙羅をベビーカーに乗せデパートをうろつく主人公・福美の描写から不穏な空気が漂い、その後の展開に嫌な予感しかしない。貧困だが溢れ出るくらいの母乳を持つ福美。その母乳を利用し、気にいらない嫁を追い出そうとする代議士一家の千代。母乳信仰、母性、○○でなければいけないに辟易する。決めつけから解放されれば女性はもっと楽になるはず。

2020/09/28

H!deking

昨日のサイン会イベントで手に入れた一冊。金は無いけどおっぱいは出すぎるくらいに出る福美。娘の父は行方不明。そのタイミングで出会った人が経営している乳母の派遣会社に住み込みで働くようになり…的なお話。深沢先生初読みでしたが、なかなか面白くて一気読みでした。これは他の作品も行かないとですね。イベントってこういう作品との出会いもあるから面白い!

2020/11/02

スエ

「どうしてこうなってしまったのか。」おっぱいの出る女性とおっぱいの出ない女性。その違いで、こんなにも運命が変わってしまうものなのか。代議士宅の嫁と乳母。この家のお姑様のキャラがまた凄い!!「おっぱいも出ないっていうのに。まったく、母親として失格だわ!」 一読の価値有りです!!

2020/11/12

fwhd8325

あっという間に読み終えてしまいました。物語から強いエネルギーを感じます。中盤まで圧倒されました。それだけに後半の展開が残念に思うのですが、それを差し引いても面白い。物語は、女性の物語、母の物語です。この物語の中で男は、全くだらしない。登場する女性は強いです。それぞれが自分自身を持っています。その姿は美しいと感じます。

2020/12/19

感想・レビューをもっと見る