読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

誘拐ファミリー

誘拐ファミリー

誘拐ファミリー

作家
新堂冬樹
出版社
双葉社
発売日
2020-11-18
ISBN
9784575243468
amazonで購入する Kindle版を購入する

誘拐ファミリー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

新堂 冬樹は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。今回は、ダークグレー新堂、誘拐ファミリービジネス、ヒットシリーズ『ルパンの娘』に触発されて書いたのでしょうか?本書のシリーズ化もあるかも知れません。 https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-24346-8.html

2020/12/26

ままこ 🌸

悪人だけをターゲットする誘拐稼業の浅井家。チームワークが必須なのに家訓を重んじる兄の太陽とクールな弟の吹雪の仲が険悪でギクシャク。そんな中、父親が次期後継者選びとして家族がそれぞれチームに分かれて誘拐対決をすることに。ターゲットは巨大組織の悪徳教祖。敵も味方も誰もが信用出来ない心理戦が繰り広げられる。騙し騙されその結末は…。白新堂さんのエンターテイメント性高いサスペンス。

2021/03/02

ちーたん

★★★★☆エンタメコンゲーム!浅井家の家業は70年続く誘拐業。一度も捕まった事はなく、ターゲットも悪い奴のみ!そんなファミリーが次に標的にしたのは新興宗教『天鳳教』の幹部の兄妹2名の誘拐。現家長・大地は長男・太陽と次男・吹雪を各々チームリーダーとし、先に身代金を奪った者を後継者にするとして競わせる。2人は掟を破り、足の引っ張り合いを繰り広げる。血を分けた骨肉の争いの行方はいかに?◆黒でも白でもない新堂作品!本来仲間である身内の裏切りでどんどん窮地になっていく様に個性的な面々が雰囲気を盛り上げて楽しめた🎵

2021/01/10

takaya

凄まじい黒新堂作品を読んできた後で、この作品は途中までは、「いつものパターンか!」と思いきや、「えっ、こんな展開?」というような結末の意外さ。読後感がよく、このような作品なら一般受けして、新堂氏のファンも増えるのではないかと思います。

2021/04/30

fuku3

2021.3.16読了。浅井家は誘拐を生業とし70年間逮捕者無し!浅井家の十戒に従い完全無血の誘拐ビジネスを展開していたが五代目の跡目争いが勃発!そこで新興宗教の幹部を誘拐し身代金を多く獲った方を五代目とする、浅井家を二分する闘いが始まった…。設定は面白いと思い読み始めたが、全体的に大雑把で緻密さに欠け良くこんな調子で警察に捕まらなかったなて感じ!エンタメ小説としてなら"ルパンの娘"の方が数段面白い!最後は家族愛を謳う小説に変わりお決まりの大団円で終了⁉︎

2021/03/16

感想・レビューをもっと見る