読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミッドナイト

ミッドナイト

ミッドナイト

作家
柴田哲孝
出版社
双葉社
発売日
2020-12-16
ISBN
9784575243581
amazonで購入する Kindle版を購入する

ミッドナイト / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

シリーズ4作目は、田臥刑事を主軸にロシア人父娘を青森~東京を移送する話。相棒・室井が前の話を引きずってPTSDなので、途中まで殆ど活躍できず寂しいが、贔屓のアサルが頑張って補っている(今回は色気がないのが残念だが...笑)。笠原父娘は田臥に手を貸す役柄で少しの出演だが、二人とも元気そうで嬉しい。シリーズのテーマになっている原発問題も絡んでくるが、それ以上に外交下手による多大な負担などを訴えていて興味深い。行程地図が添付してあれば更に楽しめたが、テンポ好い展開と切れ味鋭いアクションは健在で、第5弾を待望♬♬

2021/03/09

タイ子

こういうの好きだわ~、ワクワクする。スパイとカーチェイスと銃撃戦。公安(サクラ)の田臥警視に新たなミッションが下る。美人刑事アサルとともにベンツを駆って竜飛崎から東京までロシアのスパイ父娘を敵から守りながら運ぶことになる。超A級の機密情報を持つスパイを狙う勢力の容赦ない追跡が田臥たちに迫ってくるシーンは思わず、あっ!とかおっ!とか独り言の連続。何もかも忘れて没頭できるひとときがいい。福島原発近郊での銃撃戦がハンパなく怖い。軍事予算の本質なんてどこにあるんだか疑いたくなるシリーズ第4弾。続編も楽しみ!

2021/03/19

タックン

米ロの防衛問題に絡むスパイ戦争に、日ロの北方領土問題とかの外交問題を匂わせた公安関係の話でシリーズ物!!? この手の話しなら、最近読んだM資金関係の話みたいにいくらでも深く書けたのにVシネマみたいだったから拍子抜け。 F-35の話は本当だろうか?それにしても、出てくる女性がみんな美人で聡明で強くて魅力的なのはなんとも・・・笑

2021/02/23

ren5000

シリーズ4作目。今回の任務はロシアのスパイの親子を青森から東京まで陸路で輸送するお話。当然命を狙われててんやわんやのドンパチしまくりでした。シリーズ通しての登場人物も出てきて楽しく読めました。しかし彼女はしぶといな〜。次作も登場するのかな?F-35のくだりは流し読んで頭空っぽにして読むのが最適な本でした。

2021/03/16

rosetta

★★✮☆☆亡命を希望するロシアのスパイを青森から東京まで車で運ぶように命令された田臥。スパイの命を狙う暗殺者。ヘリコプターや輸送機で一気に運べばいいのもをなぜわざわざ苦労の多い陸路を車で? アクションが好きな人なら面白いかも。別れた妻に命懸けの迷惑をかけておいてビンタ一つでおしまいとはギャグでしかない。厨二病でラノベなランボーの詩がしょっちゅう引用されるのがウザイ(笑) それといつもいつも思うのだがシリーズ物は表紙に明記しておいて欲しい。

2021/01/23

感想・レビューをもっと見る