読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-

作家
見城徹
出版社
双葉社
発売日
2015-03-18
ISBN
9784575308419
amazonで購入する Kindle版を購入する

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉- / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小説を最初に書いた人にありがとう

熱をもらえました。どうせ仕事するなら熱くやった方が楽しいんだと思えた。見城さんが女子プロゴルファーに言った「賞金ランキング15位だとしたら、あなたは15番目くらいの頑張りだったと言うこと!」と言う考え方がすごいと思った。

2015/04/23

thayami

最期の瞬間。到達するまでの過程の個々人の優先度。家族、仕事、趣味・・・。日々、目の前の1つ1つのことを疎かにしないことと解釈。”徹底”により伴う結果。±どちらも成長の糧!唯一、「貸し借り」の件が若干違和感。貸し借りは意識することで打算となるので、あくまで結果論であるべきという気がする。「ウソ」の件は父の言葉を思い出させるなぁ。一方、氏の原理原則にほぼ同感も、時に若干の柔軟性、心の余裕があってもいいかなぁと感じる・・・。(汗)

2015/07/14

ホッパー

良書。とにかく凄い熱量でどのように仕事と人に向かうかを語っている。著者60歳を超えてなおこの話し振りで、自身も行動し続けているということに驚嘆する。とにかくガムシャラにやれ!というタイプかと思いきや、毎晩自省し寝不足の日々を過ごしているという。もはや恐ろしさすら感じる。

2020/01/12

やっさん

最近は百田氏関連問題、発行部数問題などで男を下げてしまった見城氏の本。積読だったが文庫にもなってしまったので紐解いた。アプリ755というのが時代を感じるがまあおいといて、相変わらずアツい。この本の編集者があの箕輪さん!双葉社だったの?と思ったらこの本双葉社の刊行とは!熱狂する人に熱狂する人が現れたわけね。集英社って小学館の系列会社だったの?とか、高3で男女のことを知らないウブだったという見城氏とか、所々に意外な発見(?)があった。

2019/09/18

はるき

表紙のインパクトに負けて。大変面白かった。スマートな仕事じゃなく、激熱な仕事。読んで面白いのはやはり後者ですよね。必死だからこそ楽しめる。

2017/01/12

感想・レビューをもっと見る