読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層

43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層

43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層

作家
石井光太
出版社
双葉社
発売日
2017-12-13
ISBN
9784575313239
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

2015年2月20日、神奈川県川崎市の多摩川河川敷で13歳の少年の全裸遺体が発見された。事件から1週間、逮捕されたのは17歳と18歳の未成年3人。彼らがたった1時間のうちに、カッターの刃が折れてもなお少年を切り付け負わせた傷は、全身43カ所に及ぶ。そこにあったあまりに理不尽な殺意、そして逡巡。立ち止まることもできずに少年たちは、なぜ地獄へと向かったのだろうか――。著者初の少年事件ルポルタージュ。

■インターネットを中心に巻き起こった「犯人捜し」の狂騒
■河川敷を訪れた1万人近くの献花の人々の「善意」
■同じグループで「居場所」を共有していた友人たちの証言
■遺族の「涸れることのない涙」――浮かび上がる慟哭の瞬間

「遼太君、君はあの夜、血だらけになった体で闇の中を這い、どこへ向かおうとしていたのだろうか」

「43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層」のおすすめレビュー

なぜ「川崎中一男子殺害事件」は、世間の注目を集めたのか? 社会の闇を追い続けるルポ作家が、“現代社会のひずみ”を明らかにする

『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』(石田光太/双葉社)

 いくら時が経っても、忘れられない悲惨な犯罪というのがいくつかある。そのなかでも、未成年者が起こした犯罪は数が少ないことと、背景に複雑な事情があることが多く、私たちの記憶に鮮烈に残り続ける。

 2015年2月に起きた「川崎市中一男子生徒殺害事件」も、人々の記憶に残ってしまった事件の一つだ。

 多摩川の河川敷で、全裸の少年の遺体が傷だらけで発見される。のどかな島根県の西ノ島から、親の離婚をきっかけに川崎に転校してきた中学一年生の少年が、18歳と17歳の少年3人に殺害された。被害者の少年は、母親に引き取られて川崎に引っ越したが、母親に恋人ができたことや兄弟が多いことから、家庭のなかで居場所をなくし、不登校の後に悪い仲間と付き合うようになったことで事件にまきこまれてしまう。

『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』(石田光太/双葉社)のタイトルにある「43回」は、少年がカッターで全身に傷つけられた回数である。加害者少年も、最初は殺すつもりはなかったようだ。けれど、酒に酔って傷をつけ…

2018/1/12

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る