読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ガロ 1968 前衛マンガの試行と軌跡

ガロ 1968 前衛マンガの試行と軌跡

ガロ 1968 前衛マンガの試行と軌跡

作家
つげ義春
池上遼一
出版社
双葉社
発売日
2018-12-19
ISBN
9784575314168
amazonで購入する

ガロ 1968 前衛マンガの試行と軌跡 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

gtn

両者水木プロということで、つげ義春と池上遼一のガロ作品を併載したのだろうが、こうして並べてみると、つげ作品の完成度の高さが際立つ。一方、池上は実験作の域を出ていない。

2020/02/10

akihiko810/アカウント移行中

古本漫画。『ガロ』で1967〜1968年に掲載された、つげ義春のマンガ7作品、池上遼一のマンガ5作品を掲載。7/10点  池上遼一といえば漫画劇画界随一の絵師だが、水木プロに在籍していてガロに発表していた、というのは知らなかった。つげの作品はほぼ全部読んでいたが、池上のこの時代の作品は初読み。いかにもこの時代の、な粗い実験漫画だった。面白い漫画、というより珍しい漫画作品群といったところだろう

2020/11/05

kazahana*

つげ義春を読みたくて購入。きちんとつげ義春を読むのは初めて。月刊マンガ雑誌『ガロ』で1967〜1968年に掲載された、つげ義春のマンガ7作品、池上遼一のマンガ5作品が集められている。ただ消費されていくばかりのマンガではなく、何か、心に引っかかりを残していく。つげ義春が目当てだったけれど、池上遼一もよかった。風太郎シリーズ、他のものも読んでみたい。

2019/08/15

感想・レビューをもっと見る