読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人類前史 失われた文明の鍵はアメリカ大陸にあった(下)

人類前史 失われた文明の鍵はアメリカ大陸にあった(下)

人類前史 失われた文明の鍵はアメリカ大陸にあった(下)

作家
グラハム・ハンコック
大地 舜
榊原 美奈子
出版社
双葉社
発売日
2020-11-17
ISBN
9784575315813
amazonで購入する Kindle版を購入する

人類前史 失われた文明の鍵はアメリカ大陸にあった(下) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上下巻、1,000頁超、完読しました。頁数の割には、内容が薄いですが、考古学好きとしては楽しめました。世界四大文明は、何れも大河の畔で起きているので、ミシシッピ川やアマゾン河で同時代に文明が起きる可能性は十分あります。アメリカ・ファーストのトランプ元大統領は、ミシシッピ川流域も含め五大文明になったら喜ぶでしょうね。タイムマシーンが出来て、古代にタイムトリップして動画撮影でもしない限り、真実は解りません。それが古代浪漫を掻き立てる要因ですが、エジプトのピラミッドと米国のマウンドでは比較対象になりません(笑)

2021/02/25

どんたこす

18000年前から氷河期は終わりつつあり温暖化へと向かっていたが、12800年前に突如として気候変動の逆転現象が起こった。ヤンガードリアス期。1200年続いた。ヤンガードリアス期の原因が彗星の衝突であり、この時に超古代文明が滅んだというのはかねてからの主張のとおり。ハンコックのライフワークも終わりとの記述があり、寂しい限りだ。これが最後の本になってしまうのだろうか?超能力を受け入れる覚悟も必要なのだろうか。

2021/02/21

hal

古代エジプト文明と古代アメリカ大陸文明の似ている点などの解説とヤンガードリアス期の大絶滅について。中南米の文明がスペイン人とキリスト教に根こそぎ破壊されたのは有名だが、北米でも多くの遺跡が壊され、スーパーマーケットとかになっていたとは。筆者の取材力には感服するし、アメリカ大陸での今後の発掘の成果も期待したい。

2021/01/10

Book shelf

『神々の指紋』でおなじみのハンコック最新作下巻。指紋から本書までに出たいくつかの著書もふまえており、彼の一貫した探求心は彼の説の評価に関わらず面白い。失われた文明の直接的な証拠はなく、その断片を考古学、古生物学、地質学、宇宙、民族学などを駆使し、そして命を懸けて幻想を誘発する薬草を飲むなど様々な視点から提案する行動力はすごい。ここまでくれば彼が挙げる失われた文明の拠点候補(海底にあるかもしれない)を発掘、探索すれば面白いのにと思うが跡形もなく失われたと結論するところがもったいない。自ら発掘すればどうだろ?

2020/12/20

KJ

下巻も読破。12800年前、ヤンガードリヤス大変動の要因は天体衝突。その破壊力は現代の核保有総量の約1000倍。その後地球は凍結と温暖を1万年単位で繰り返す。しかもその12800年前には、既にアメリカ大陸には文明を築いた人類が存在していたという。コロンブスが新大陸を発見する前に。人類の歴史を地球規模で語る。グラハム・ハンコックにはまる。遡り、「神々の指紋」から読破したい。

2021/01/24

感想・レビューをもっと見る