読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

無心セラピー

無心セラピー

無心セラピー

作家
辛酸なめ子
出版社
双葉社
発売日
2021-03-17
ISBN
9784575316100
amazonで購入する Kindle版を購入する

「無心セラピー」の関連記事

めちゃくちゃ煩悩にまみれていた辛酸なめ子さんが試みた「無心セラピー」でわかったこと《インタビュー》

『無心セラピー』(辛酸なめ子/双葉社)

 怒り、不安、焦り……、生きる上で負の感情を避けて通るのは難しいもの。辛酸なめ子さんの新刊『無心セラピー』(双葉社)は、少しでも心の状態を穏やかに、心を無に近づけることを目指した一冊。何かと不安の多い昨今、生きるヒントになりそうです。

『無心セラピー』では、いわゆる無心の代表格である座禅はもちろん、インスタ離れやスイーツ断ちをしてみたり、ゴミ拾いに無心を見出したり、日常のあらゆる行動の中で「無心」と向き合っています。辛酸なめ子さんに、無心セラピーの経験から見えてきたものについて伺いました。

不安なコロナ禍で心を落ち着かせる方法

――はからずも今、コロナ禍で心を落ち着けたいと思うことが増えました。『無心セラピー』について書き始めたのは、いつ頃からだったのでしょう?

辛酸なめ子さん辛酸なめ子(以下、辛酸) 2018年頃からだったと思います。当時から色々な煩悩をなくして、心身を身軽にしたいと思っていたんです。途中からパンデミックが発生して、もっと無心になるのを心掛けていかないと、やっていけないような感じになりましたね………

2021/4/17

全文を読む

関連記事をもっと見る

無心セラピー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

なっき〜

たまに読みたくなる、辛酸なめ子さんのエッセイ。パワーストーンとか気とか、目に見えないスピリチュアルなものにハマっている割には、すごく冷めた目で人間観察しているのが相変わらず面白い。今回は、「無心になれるもの」を体験して来たレポートみたいな感じだけど、どれもとにかく怪しい!けど、常に冷静に物事を見ているので、怪しさも滑稽に感じてしまう。自分では絶対に体験しに行く勇気が無い事ばかりなので、安全地帯から知る事ができて良かったかも。

2021/04/12

takewoody

辛酸なめ子ワールド!! 面白かったです。

2021/08/05

ginkan2

著者初読みです。「Step1」の読み始めは、「ちょっとこれ最後までついて行けるかな?」と不安になりましたが、「Step2」以降は、何とかついて行けて、自虐的な、そして、クスッと笑える文章を楽しく拝読しました。この世界も深そうですね(笑)。そして、漫画家であられるので、イラストもクスッと笑えて楽しかったです。

2021/07/28

rinrinkimkim

インドへヒーリングの旅。現地新聞で身元不明遺体写真欄すらどうって来ない洗礼を受けたり。オーストラリアやハワイで癒されたり。と貧乏なのかセレブなのかふり幅は相変わらずです。石やセラピーグッズにつぎ込むお金もどうもすごそうだけど、みみっちいお買い物もしていたり。そんなナメちゃんはいつもニヤっと笑わせてくれる。世界中どこを旅していても皇室ニュースは常にチェック。エッセイだけでなくロイヤル評論家も名乗ってほしい。

2022/06/13

koharu

図書館本。新着本のあったので借りてみた。なめ子さん、陰キャだと思うけど、ハイブランドの展示会などに行けたり、いろんな体験ができたり、爆買いできる収入もあるようで、かなりうらやましく思って読んでいた。 スピ話は好きだけど、石については私はまったくわからないが、石好きな人はいるよね。 パワーストーンでブレスレットをつくる人と知り合い、大枚はたいて作ってもらったが、なんのご利益もかんじなかった。あとで手芸店で材料を仕入れていることがわかって、石に関しては距離を置いている。ぼったくられるから。

2021/11/01

感想・レビューをもっと見る