読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

グランマの憂鬱(7) (ジュールコミックス)

グランマの憂鬱(7) (ジュールコミックス)

グランマの憂鬱(7) (ジュールコミックス)

作家
高口里純
出版社
双葉社
発売日
2020-06-17
ISBN
9784575338126
amazonで購入する Kindle版を購入する

グランマの憂鬱(7) (ジュールコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

「若いもんが目の前にいりゃ 説教しか出てこんよ それが年寄りってもんだ」グランマは自身の言葉が説教だと理解しているし、なおかつ、それが若者にとって耳の痛い言葉であることもわかっている。それでもグランマが「喝!」と叫んでしまうのは、己の古い考えを押し付けたいがためではなく、その古い考えの中にも若者へ届く理屈が存在し、さらには迷う若者を救う一助になるかもという思いがあるからだ。若さを保とうとする美魔女ママ達には「年を取る事はなんも辛い事ありゃせんよ⁉︎」と喝を入れ、(つづく)

2020/06/21

感想・レビューをもっと見る