読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私の彼女(下) (ジュールコミックス)

私の彼女(下) (ジュールコミックス)

私の彼女(下) (ジュールコミックス)

作家
南 Q太
出版社
双葉社
発売日
2020-12-17
ISBN
9784575338355
amazonで購入する Kindle版を購入する

私の彼女(下) (ジュールコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

私小説を得意とする、しかし書けなくなった作家・ユウ。ゴーストライターをしているという、ユウの熱烈なファン・エルが、行き詰まったユウの生活にゆるりと浸食してくる。やがてそれは、小説という虚構にまで及ぶようになる。私小説という点が重要で、実際に体験したことを小説化する過程には、複雑な思考とデリケートな行為が必要となるはずだ。その危うさ(作家としてはもちろんだが、編集者や読者にとっても)は、単にサスペンスを盛り上げるだけではなく、心理描写を深めることで物語の芯、つまりは主題となっている。(つづく)

2020/12/20

sawa

映画ではエヴァ・グリーンの演じた妖女が、本作ではかなり異なる造形なのが興味深かったです。確かに日本を舞台にすると、中性的な魅力の僕っ子こそハマるのかも。

2021/02/19

justdon'taskmewhatitwas

幼少期の母親との関係に囚われているようで実は、自分の未来に怯えてるんじゃないかな。子離れ、次回作、自分の中の空白の拡がり。恋愛ではもう埋まらないもの。特にほうれい線という記号を使わない選択は(年齢不詳で描いてみたとはいうものの)、かえって老醜に対する恐怖のようにも映る。

2021/01/04

感想・レビューをもっと見る