読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

グランマの憂鬱(10) (ジュールコミックス)

グランマの憂鬱(10) (ジュールコミックス)

グランマの憂鬱(10) (ジュールコミックス)

作家
高口里純
出版社
双葉社
発売日
2022-07-14
ISBN
9784575338843
amazonで購入する Kindle版を購入する

グランマの憂鬱(10) (ジュールコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

グランマが喝を入れるのは、若い者達とは限らない。時にそれは、高齢者にも向けられる。けれど、その喝は、己にそのままブーメランとして返ってくる危うさを秘めている。とはいえ、そのことにグランマは自覚的だ。高齢者であるがゆえの弱さや驕りに、高齢者であるから気付き、高齢者であるから庇える、それがグランマの強さであり優しさだ。あとがきを読み、今巻のエピソードが高口里純の実体験に基いて描かれていることを知る。そうか、高口先生もいつの間にやら高齢者と呼ばれる年齢に……。だからこその説得力を、この漫画は持っているのだ。

2022/08/09

kei

☆☆☆☆☆

2022/08/22

感想・レビューをもっと見る