読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

晩鐘〈上〉 (双葉文庫)

晩鐘〈上〉 (双葉文庫)

晩鐘〈上〉 (双葉文庫)

作家
乃南アサ
出版社
双葉社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784575510096
amazonで購入する

晩鐘〈上〉 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nobby

描かれるのは『風紋』から7年後。殺された母を忘れまいとする妹と再婚・出産へと至った父と姉、殺した夫の存在を隠し通そうとする妻とその違和感に気付き始めた息子、それを結び付けたのは当時を知る新聞記者の執念それとも必然か…今回もなかなか身近に起こり得る事柄重なる展開に夢中で、気付けば読み終わっていた684頁。母の死を悔いながら背負い続ける真裕子の想いがどうにも重すぎるのと、今はまだ父の犯罪を知らない大輔の行儀よさに隠された邪悪の目覚めが心配でならない。救われるのは記者 建部の人の良さ。気になるまま下巻へ進もう!

2018/07/15

Tsuyoshi

七年前に起きた殺人事件。加害者の長男・大輔と被害者の娘・真裕子をメインに事件後の双方の家族のいく末を追っていく展開。事メインである両者においても両親の不在や新しい家族の存在等、周囲に翻弄され続け本音をさらけ出せない環境にあってか、卑屈な印象で地味で暗い展開が続く。新聞記者との接触で全容が明かになりつつ中、心の傷は癒されていくのか?下巻へ続きます。

2017/08/29

tengen

ひとつの殺人事件が爆風となり、風紋のように周りの人々の人生模様を塗り替えてゆく。 あれから7年。 その爆風は子供達の人生を巻き込みながらまだまだ続く。 新聞記者建部はその不条理の追求に突き進む。 ☆彡登場人物それぞれが本当に痛い。下巻へ。

2015/04/19

ころりんぱ

事件から7年後、時間はみんなに平等に流れてるはずなのに、置き去りにされた人たち。被害者家族も、加害者家族も置かれている環境は変わり、それぞれの時間を過ごし、真裕子も社会人として働いている。なのに…なんてしんどいんだろう。社会は事件のことを忘れても、当事者の中で暗い澱のようなものはふつふつと溜まり、いつ溢れ出してもおかしくないような危うさと精神の歪みは、読んでいて辛い。ことに加害者の息子大輔は、5年生なのにとんでもない成長の仕方をしてしまっている。一般的な5年生男子を知ってるだけに異様過ぎる気も。下巻へ。

2015/10/17

reo

建部はあの事件の関係者の後日譚を纏めるため取材を重ねる。加害者の弟松永和之は「あの事件には当然のことながらショックを受けました。だけど、僕が『始まりに過ぎなかった』と思うのは、そこからまるで津波みたいに、いくつも、いくつも、やってくるわけです。信頼・愛情関係の危うさ。欲望。エゴイズム。見栄。世間体。裏切り。絶望」と苦しい過去を振り返る。作者はさらに、被害者遺族の真裕子と加害者の息子大輔。また父親や姉千種と笹塚香織とを対比させることで、真裕子の癒されない傷を炙りだす。しつこいくらいに綿密な筆致でチト疲れる。

2017/09/25

感想・レビューをもっと見る