読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

イジ女 (双葉文庫)

イジ女 (双葉文庫)

イジ女 (双葉文庫)

作家
春口裕子
出版社
双葉社
発売日
2010-06-10
ISBN
9784575513578
amazonで購入する Kindle版を購入する

イジ女 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まさきち

女性独特の怖さを集めた短編集。ラストはそれぞれほっこりしたもの、ゾクッとするもの、さらにホラー的なものなど色々と揃えられていて楽しめた一冊。自分としては「目立とう精神」「オフレコ」がお気に入りだけれど、各話に登場した人たちが緩く絡んで温かく終わる最終章の「レッツらゴー」もよかったです。

2017/06/13

アッシュ姉

イジわるな女、イジめる女、イジイジした女たちの短編集。こういう女いる!あるある!と共感を引き出すのが巧い。なかでも、職場での面倒な付き合いや陰湿なイジメなど、女性特有の息苦しさがリアル。あまりドロドロしていないので、さらっとしたイヤミスを楽しみたい方にオススメ。個人的にはもっと毒々しいのが好みな私はイジ女?!

2017/01/16

パグ犬

男性と女性とで意地悪の種類に違いがあるのかどうかは分からないが、女性に特段の破壊力を発揮する意地悪というのはあるのだろう。例えば、結婚式をテーマにした「あんぽんたん」では、『えーかっこしいっていうか。言いたいことあるならその時言えば良いのにさ』っていう開き直りの台詞。これが、晴れの日の式場でドレスを纏った新婦の口から出ることによって、破壊力を倍増させている。どの物語も、胸苦しい言葉の応酬だったが、表題の「イジ女」が、もっとも重たい気分にさせる物語だった。読み易い文体でテンポ良く読めた。

2017/01/18

★YUKA★

あぁ、女って嫌だなぁと思いつつ、こういう女いるいる、わかるわかると思ってしまったのは、やっぱり私も女だからだろう(´・ω・`)『イジ女』の読後感が最悪です。まぁ、纏めると、どの話も面倒くさいなぁと(´-ω-`)

2015/02/23

らむちん

春口さん3作目。女性のありがちな、イヤ〜なところが巧く描かれている短編集。「イジ女」が最も陰湿。職場でいい大人がありえない〜!嫌だ、嫌だ・・・。最後の「レッツらゴー」で登場人物達のその後がチラリと垣間見れて面白かった。

2016/10/15

感想・レビューをもっと見る