読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

それでも、警官は微笑う (双葉文庫)

それでも、警官は微笑う (双葉文庫)

それでも、警官は微笑う (双葉文庫)

作家
日明恩
出版社
双葉社
発売日
2011-01-12
ISBN
9784575514063
amazonで購入する Kindle版を購入する

それでも、警官は微笑う (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kei@名古屋

意外に、ハードボイルド。警察もの好きにはそそるものではあるのですが、清水氏の桶川ストーカー殺人事件(ノンフィクション)を読んだ、後だけにやるせない。すごくやるせない。別にストーカーが出てくる作品ではないのですけどね。余談ですが、潮崎のミステリー好きは、この読書メーターのユーザーさんには親近感を感じる人もいるのでしょう。続編を追っていこう

2014/07/14

ゆめ

日明さん 初読み。警察小説。 武本刑事と潮崎刑事のコンビはなかなかだったが 内容にあまりはまらず 長さが気になりだし 最後は次作のための終わらせ方で イマイチすっきり感が味わえなかった。

2016/06/27

roomy

初、日明恩(たちもり めぐみ)作品。主役のキャラに惚れたらはまる作品ですね。潮崎、これから予定通りに頑張ってくれるのでしょうか。武本はまっすぐで痛いくらいだった。続編も読みたいな。

2013/07/17

やなぎ

560ページもあるので、読むのを躊躇っていた。時間ができたので、思い切って読んでみた。そうしたら面白くて、結構なペースで読むことができた。いかつい主人公の相棒は、年下だけど階級は上。しかもチャラい。頼りになる上司もいて、漫画やドラマのキャラを思い出しながら読んだ。あんまり知らないけど(笑)。お隣の大国だったら、実際にこういうこともやりかねないな…、なんて思いながら読んだ。時々目頭が熱くなった。オススメ、75点。ちなみに著者名は「たちもりめぐみ」と読む。あ、女性だったのか。今知った(笑)。

2019/03/04

ヨーコ・オクダ

日明センセのデビュー作。これより後に書かれた消防士のシリーズが好印象やったので、こちらの警察モノも読んでみることに。警察小説好きな人が「クスッ」と笑てしまうネタがところどころに散りばめてあり、何より、ちょっと分厚い目のボリュームが好きなワタクシにとっては大ヒット!麻取と警察官のバッティングから始まった事件。上っ面だけやけども、麻取、警察、お茶、中国についての知識を吸収できつつ、生々しい女の性根も見せつけてくれる。今回活躍したそれぞれのキャラたち(武本、潮崎、宮田)の今後のストーリーが気になる!

2016/03/16

感想・レビューをもっと見る