読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロード&ゴー (双葉文庫)

ロード&ゴー (双葉文庫)

ロード&ゴー (双葉文庫)

作家
日明恩
出版社
双葉社
発売日
2012-09-13
ISBN
9784575515213
amazonで購入する Kindle版を購入する

ロード&ゴー (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユザキ部長

「やるじゃないか、若造」このひと言に尽きます。ノンストップで一気読みハラハラドキドキでした!!!が、、残念だなぁ~。その話の持っていき方は納得しかねる。まぁ面白かったっちゃ面白かったんですが。

2016/04/24

あすなろ

救急車とそれに纏わるお話し。なかなか救急車の現実という点で興味深い作品だった。多少の、あり得る?という点を抜きにして。重々しくないタッチで描かれていることが凄いと思う。少しだけ、冗長に過ぎるとこも後半にある気がするが。コミカルタッチ過ぎるとこもある気もする。登場人物のキャラ設定は、完璧!しかし、警察や消防、救急といった職業の方々には頭が下がります。ところで、表紙にクレーム!作品は、日産エルグランドを改造したパラメディックが活躍しているのに、なぜイラストがトヨタハイエースなのか?日産ファンとして注進致します

2014/07/12

takaC

今回は正しく"Load&Go"として読み始めた。439ページと長めだけどやっぱり無駄なく面白いと思う。この小説を機に『鎮火報』や『埋み火』を買ったが、依然500冊の一部として積みっ放しでまだ読めていない。

2012/10/25

はつばあば

救急車には何度お世話になっただろう^_^;。母が3回。大動脈かい離と意識が無くくなったのが2回。勿論私も骨折で。そうそう爺様も。なるべく病院にはタクシーで行く事にしているが。だいたい救急車を呼ぶ事自体声が上ずる。よほど落ち着いていないと住所さえ頭が真っ白。救急隊員の努力と献身しっかり受け止めて感謝しております<(_ _)>。私達も、救急車が通る時、もし自分が、もし愛する者が・・と考えたら道を譲るのは当たり前だろう。日明さんの本、読みやすく面白い・・と云えば語弊があるだろうが、後2冊とても分厚いが楽しみです

2015/09/04

舟江

図書館の3月読書会のために読んだ。蘊蓄が書かれておりためになったが、私には合わず、誰のために書かれた本なのかと考え、奥付を見た。その前のページに、月刊誌であろうか「小説推理」に連載とあった。しかし、どう考えても、ただ漫画を活字にしたようにしか思えなかった。

2020/02/01

感想・レビューをもっと見る