読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

凍花 (双葉文庫)

凍花 (双葉文庫)

凍花 (双葉文庫)

作家
斉木香津
出版社
双葉社
発売日
2013-02-14
ISBN
9784575515602
amazonで購入する Kindle版を購入する

凍花 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

美人揃いで仲良しな三姉妹。長女が次女をアイロンで撲殺し警察に自首。あの美しく心優しき完璧な姉がなぜ?と残された三女は信じる事ができない。やがて長女が綴ったブログや日記から知られざる長女の恐ろしい裏の顔が見えてくる。これは単に登場人物の裏と表のギャップの恐ろしさを説くモノではなく私達が誰しも持つ『見せたくない内面』を表出させ、表裏合わせて一人の人間である事を悟らせる慈愛の物語か。自分の事さえ何もわからないのに他人の事がわかるはずない。でも慈しみを持って周りを見れば、きっと昨日と違う接し方ができるはず‼️🙇

2020/02/08

マコポン

悲しく切ない話だった。家族のコミュニケーションをもっと取っていれば、こんなことは起きなかったのか。難しい問題だ。長女はみんなの手本にみたいなことも大変なんだよねたぶん。よい作品だった。

2016/03/13

まちゃ

しっかり者で優しい長女・百合、明るく天真爛漫な次女・梨花、甘えん坊の三女・柚香の三姉妹。長女・百合が次女・梨花を殺害した動機を三女・柚香が探るミステリー。柚香が百合の別の顔に迫る展開がとても面白く引き込まれました。お薦めです。

2015/08/24

🐾Yoko Omoto🐾

三姉妹の長女「百合」が次女を殴殺。簡素な動機を供述して後、完全黙秘を続ける百合。彼女が長年に渡り書き記してきた日記が三女「柚香」の心に大きな波紋を投げ掛ける。嫉妬、羨望、苛立ち、そんなコントロールの難しい負の感情は多かれ少なかれきっと誰の心にも存在しうる。だが、そんな感情を自分の意思で表に「出さない」のと、精神的負荷をかけられ「出せない」のとはまるで違う。様々な要因を伴って形作られる人格に対して、幼少期にそのバランスを促してやるべき親が適切な行動をとっていないことが悲劇でありその罪は深い。

2014/09/27

青葉麒麟

コレは嫌ミスの括りになるのかな?そこまで嫌でもなく割りとアッサリ読めた。自分が一人っ子なので三姉妹の長女の気持ちが新鮮でした。我が出せる家庭で親や妹の世話をするなんて私には到底無理だ。日記をあんなに長く書けるのも私には無理だ。つくづく一人っ子で良かったと思う私は我が儘だなぁ。

2016/02/02

感想・レビューをもっと見る