読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

札幌方面中央警察署 南支署 誇りあれ (双葉文庫)

札幌方面中央警察署 南支署 誇りあれ (双葉文庫)

札幌方面中央警察署 南支署 誇りあれ (双葉文庫)

作家
東直己
出版社
双葉社
発売日
2015-08-06
ISBN
9784575518061
amazonで購入する

札幌方面中央警察署 南支署 誇りあれ (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hanchyan@高めの釣り球

おおむね「視点がとっ散らかってる」という共読さんがたの評価で、自分も初読時はたしかにそう思ったが、ススキノの“俺”あるいは畝原の“私”、視点については信頼してる東さんのこと何か理由があるはず!と思って考察した結果。①「『支署長室』を一個の人格として描写する試み」②「靖晴(の周囲)のみ完全に個人の視点にすることによって感情移入先を一人に絞り、いったい何が起きてるのか半端にしか判らないじれったさを靖晴と共有させることにより『頑張れ歯を喰いしばれ!』と読み手に思わせる」と思いついたぞ。ファンだからな!(笑)

2015/08/20

シロー

筆が滑り過ぎて無駄なエピソードが多い印象の東さん。今作は登場人物が無駄に多い… 一人一人にキャラを付ける姿勢には好感が持てるが、如何せん刑事が多過ぎる為、本筋の物語が中々進まない。……というのが前作『誉れあれ』の私の感想だが、今作も全く同じ感想。特に主人公に魅力が乏しいのが痛い。折角「キゼツ」という美味しい渾名があるのだから、いっその事もう何回か気絶させてキャラを立てれば少しは面白くなったのではないか。兎に角ダラダラ長くて疲れる一冊でした。

2016/09/05

いいちゃん07

南支署その2。  お話の分量はその1よりもはるかに多いのにサクサク読めした。  最後の急ぎすぎと、いささか強引な落ち以外は物凄く面白かったです。

2016/09/25

おなか@

読んでだいぶ経って登録なんで、朧にしか覚えてなかったり^^; 南支署シリーズ第二弾 キゼツは成長したのか? よくわかんないけど、刑事をあだ名で呼んでるとこ(ヤシさんとか)太陽にほえろみたいでカッコいいね!

2017/09/16

みっちー

久々の東直己作品。ススキノ探偵シリーズが好きなので手に取ってみましたが、最初は読み辛くて投げ出しそうでした。。しかもシリーズ二作目っていうのも知らなかった。。でもこれを読み終わって一作目を読みたい、とはちょっと思わなかったというのが正直なところ。

2016/06/12

感想・レビューをもっと見る