読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

九月の恋と出会うまで (双葉文庫)

九月の恋と出会うまで (双葉文庫)

九月の恋と出会うまで (双葉文庫)

作家
松尾由美
出版社
双葉社
発売日
2016-02-10
ISBN
9784575518702
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

「男はみんな奇跡を起こしたいと思ってる。好きになった女の人のために」―‐ある日北村詩織は、自室の壁の穴から“一年後の今日”を生きているという人物の声を聞いた。「平野です」その人物は、同じマンションに住む男性だという。半信半疑ながら、平野に言われた通りに行動する詩織。平野にはある目的があった――「書店員が選んだもう一度読みたい恋愛文庫第1位」に輝いた、時空を超えた奇跡のラブストーリー。

「九月の恋と出会うまで (双葉文庫)」のおすすめレビュー

高橋一生×川口春奈 W主演映画『九月の恋と出会うまで』のあまりにも切ない展開から目 が離せなくなる!

『九月の恋と出会うまで』(松尾由美/双葉文庫)

 この春、高橋一生×川口春奈 W主演映画に、心がときめかされることは間違いない。映画『九月の恋と出会うまで』は、時空を超えた奇跡のファンタジーラブストーリー。「運命の人が僕じゃなくても、僕はあなたを守りたい」。男の人からこれほど強く思われたら、どんなに幸せなことだろう。女子必見、デートで観たい映画がこの春、多くの人を魅了するだろう。

 原作は、松尾由美氏の『九月の恋と出会うまで』(双葉文庫)。書店員が選んだもう一度読みたい文庫恋愛部門第1位を獲得した小説だ。

 主人公は、写真を撮るのが趣味のOL・北村志織。芸術を趣味に持つ人が集う不思議なマンションに引っ越してきた志織は、ある夜、自室の壁の穴から「一年後の今日」を生きているという男の声を聞く。自身の名を「シラノ」というその声は、「自分を助けてほしい」と志織に懇願する。「一年後の未来からの声」に頼まれた通りに、マンションの隣人である平野という男の尾行をする志織。だが、ある事件を境に声は聞こえなくなり…。平野と初めて話をするも、その声は「シラノ」を名乗る「未…

2019/3/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「九月の恋と出会うまで (双葉文庫)」の関連記事

高橋一生が“純愛”に挑戦!『九月の恋と出会うまで』実写映画化に大反響!

『九月の恋と出会うまで』(松尾由美/双葉社)

 松尾由美『九月の恋と出会うまで』が2019年に実写映画化されることが決定。高橋一生と川口春奈がW主演を務めることも発表され、「何回も読み直してる小説だし絶対観たい! しかもキャストが高橋一生と川口春奈とか完璧すぎる」「映画化ってだけでめちゃくちゃ嬉しいのに、高橋一生が出るなんてもうどうしよう…!」と話題を呼んでいる。

 同作は大人も楽しめる“純愛ラブストーリー”。主人公・北村志織が引っ越したマンションの部屋の隣には、ちょっと不思議な小説家志望の男・平野進が住んでいた。ある夜、志織は部屋の壁を通して「1年後の未来にいる」という男の声に話しかけられる。しかしとある事件をきっかけに、声は聞こえなくなってしまい――。

 作中では、謎を解くうちに惹かれ合っていく2人の姿が描かれることに。原作は「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」恋愛部門の第1位に選ばれ、多くの読者から「普段は恋愛小説とか読まないんだけど、泣かされてしまった」「素敵な物語でした! こんな純粋な恋がしてみたい」と好評を博していた。

 今回の映画化では…

2018/3/25

全文を読む

関連記事をもっと見る

九月の恋と出会うまで (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

takaC

単行本と新潮文庫で既読。松尾小説の中ではどちらかというと反お気に入りなのに、レーベル変えて出版なんてされてしまうと気になって読んでみたくなっちゃうじゃん。登録数は他2冊の3倍とこれが一番多いしね。結果として、どれも内容は同じだということが確認できました。(笑)

2018/09/05

青蓮

初読作家さん。借り本です。 あらすじを読んだとき最初「これはSFか?」と思いましたが、現在モノなのにミステリーちっくでファンタジーが入った恋愛小説でした。全体的にベタベタな内容はなく、終わりは明るい未来を想像させるような纏まり方で、読後感は良かったです。 「マグカップ一杯分の奇跡」何か素敵。

2017/09/28

しいたけ

ミステリー要素があるので感想が書きにくい。帯に「書店員が選んだもう一度読みたい文庫恋愛部門第1位」とある。書店員さんの言葉「過去を変えてしまった一途な恋。思わず涙が溢れます。」も載っている。私はと言えば、涙こそ溢れなかったがラストシーンの美しさには思わず仰け反った。深い愛情と覚悟がこもったプロポーズにグッとくる。男の純情はご飯がすすむ。男の一途な思いが奇跡を起こす。時空の歪みを大江戸線になぞらえて、図まで書いて説明しているのも面白い。私が大江戸線乗車中にそこを読んだことも、きっと奇跡の一つ。

2016/09/03

flying frog

松尾由美は好きだが何となく後回しにしていた本。恋愛小説っぽかったので(^_^; 読み終えた今の感想は、満を持して真打ち登場!(笑) 部屋のエアコン用の壁の穴から「1年後の世界にいる」という男からあることを頼まれる志織という女性の話なのだが…。いわばタイムパラドックスを扱ったSF、と言って良いと思う。そしてその扱い方も独創的で面白い。伏線の張り方と回収の仕方も文句なし。恋愛小説としては薄味だけど、くどくなくちょうど良い塩梅。中盤から先は「おお~っ、それでどうなる?」と居住まいを正して読んだ。傑作。

2018/04/23

☆ゆう☆

2019年に映画化ということで、早速読んでみた。アパートの一室、取り付けていないエアコンの穴から声がした。SF要素のあるラブストーリー。平野さんとシラノさん。設定は無理があったがファンタジーだと思って読めば読める。平野さんの、ラストの告白シーンはカッコ良かった。最初はとてつもなく不審な人だと思ったが、彼の行動力と正義感の強さ、愛情が溢れている人柄に好感をもった。高橋一生がどう演じ、どう演じ分けるのか、とても楽しみ。

2018/03/31

感想・レビューをもっと見る