読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

校長、お電話です! (双葉文庫)

校長、お電話です! (双葉文庫)

校長、お電話です! (双葉文庫)

作家
佐川光晴
出版社
双葉社
発売日
2018-07-11
ISBN
9784575521283
amazonで購入する Kindle版を購入する

校長、お電話です! (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

papako

たまたま電子書籍新刊チェックしていて気になって。いやー、泣かされた。ちょっと門井作品に似た苦手な文章で、最初ひるみました。それでもシバロクこと柴山緑郎校長の生徒を想うブレない姿勢に引き込まれていました。たった数ヶ月の一学期のお話。誰かを糾弾するだけでは得られない、前向きな解決にホッとしました。『まぬけに見えるくらいが丁度いい』全ての管理職に言えるのかも。なんか、いろいろ考えさせられました。読んで良かった。

2018/09/25

はつばあば

亡父親を思い出しました。師範学校を卒業して小学校の教師になって、生徒と先生の年齢差など僅かなもの。兵隊にとられても少尉から。そんな父が在職したのは45年?。53で校長。定年後は塾の講師を20年近く・・。何十年出会わなくても生徒さんの名前は憶えていた。ゆとり教育前の時代ですもの、モンスターペアレンツなんて怪物も無く、医者と教師は先生様。この本の時代に生きていたらどんな校長でいただろう。いい父親?だったのだろうが、息子・娘達は誰も教師にはならなかったし、なれとも言われなかった。管理職なんてものは・・と思ったか

2018/07/13

みゆき

なんとなく櫻井翔だと思って読んだら読みやすかった(笑) こんな校長いないし、こんなできた娘も妻も、石川先生や幸田みたいな先生も、町田くんみたいな人もいないけども。 でも、いろんなことを最後まであきらめない、ぶれない、信念を貫くことが大切なんだなって改めて思う。 まもなく一人一介護の時代、今を一生懸命生きる子どもたちが、これから社会に出たときにどうやって生きぬいていくのか見据えて見守って接していくのが周りにいる大人全ての役目だと思います。

2018/08/20

夜盗エメラルド

いわゆる「学園モノ」として想像してたのとはちょっと違う感じ。校長視点でのストーリーというのはなかなかに斬新なスタイルだし、題材として興味深い。 シバロクは先祖代々の教えもあって真っ正直なスタイルを貫くヒーロー然とした校長だけど、そもそも生徒と校長って接点あんま無いから、自分の学生時代どうだったかなんて思い出しても全然ピンとこないな。だからこそ新鮮なんだけどね。 ただ、作者の経験的な所ではまだ未熟だと感じる。会話がぎこちなく、テンポも今一つ。地盤がもっと良ければ、上手く料理出来たんじゃないかと思うと惜しい。

2019/02/07

とも

ありそうなブラック中学、リアルな中学モノに、ヒーローすぎるシバロクさんは出来過ぎだけど、こんな先生がいたらいいなと思いました。面白かったです。

2018/10/06

感想・レビューをもっと見る