読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

フリー! (双葉文庫)

フリー! (双葉文庫)

フリー! (双葉文庫)

作家
岡部えつ
出版社
双葉社
発売日
2018-07-11
ISBN
9784575521313
amazonで購入する Kindle版を購入する

フリー! (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みつにゃん

休日のファミレス。ドリンクバーで何度も紅茶をおかわりしながら一気読み。主人公の女性と状況は全く違うけど、とても共感してしまった。途中苦しくなり、後半涙まで溢れたけど、苦しみを乗り越えて再生していくこの主人公がとても清々しくみえた。私も頑張ろうと思える前向きでさわやかな読後感。

2019/01/12

マッピー

頑張っても頑張っても増え続ける仕事。それを見て見ぬふりをする上司や、自分のことしか考えない同僚。そのどれもが、ものすごく煩わしい。最終的にみんなふわふわといい感じに着地したように見えるけど、千春も聖子もマスターも、将来の見通しは全くもって不透明だからね。しがらみからフリーになったって、日々の生活っていうのからは逃げることはできないのだから。なんていいながら、一気読みですよ。できない理由なんていくらでも考えられるけど、とにかく一歩を踏み出したことを、とりあえずは評価したいと思うわけです。

2018/12/19

のんちゃん

広告代理店のデザイナーの千春は37才独身、年下の恋人あり。職場の過重労働や上司との軋轢で退社。しかし、なかなか次の仕事は決まらず、恋人との間もギクシャクする。そんな彼女の心の拠り所は、以前、かなり年上の昔の恋人と行った日本酒バーだ。ここに集う人々と関わり、彼女の人生は変わって行く。題名のフリー!とは、自分を解き放つ事。バーのお客さんの一人、聖子さんのパワーに魅力を感じた。普通の人の普通の人生にもドラマは散らばっている。晦日の窓から外を眺めながら、そんな事を感じた一冊。

2018/12/30

GORIRA800

恋、仕事、ひとつのテーマに縛られることなくひとりの大人の女性の生き様をえがいた作品です 失敗や不満こそあるものの前進しようとするその姿は読んでいて活力をもらえます 不満とかばかり書かれてるわけじゃないこの大人の小説は作風として好印象でした

2020/10/26

せいこ

主人公の女性がほぼ同年代で独り身。職業も似てるので、思わず手にとってしまった一冊。ある程度長く働いてると、一度はこんな転換期が訪れますよね。 社内では扱いづらいと思われているの分かっているけどもいつもトゲトゲしてて。会社辞めてやる!と本当に辞めても次がまったく見つからない。うん、分かります。しかし主人公はちゃんと道を切り開いた。そこは励みになりました!さてわたしは、、、

2018/08/25

感想・レビューをもっと見る