読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きばいやんせ!私 (双葉文庫)

きばいやんせ!私 (双葉文庫)

きばいやんせ!私 (双葉文庫)

作家
工藤晋
足立紳
出版社
双葉社
発売日
2019-02-13
ISBN
9784575521900
amazonで購入する Kindle版を購入する

きばいやんせ!私 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ふう

鹿児島弁のタイトルを見て、どんな本なのだろうと手に取ってみましたが、ちょっともの足りなかったかな。映画の脚本から起こした作品とあったので、映像で見るともっと感じるものがあったのかもしれません。小説はさらっと通り過ぎてしまった感じです。舞台となった大隅半島は、同じ鹿児島でも薩摩半島出身のわたしは行ったことがありません。メンタルマップではかなり遠いところで、登場する地名もお祭りも初めて目にするものでしたが、鹿児島弁とおおらかな人柄は故郷のものでした。

2020/05/31

菜食主義@復活の日は近いか?

「きばいやんせ」ってなつかしいなぁ。昔、5年ほど鹿児島に住んでいたんですけど、なんとも温かくてのどかな良い所でした。ただ、地元の方々の言葉とあの独特なイントネーションがすごい不思議な音楽のように感じたのを覚えています。ということで、この題名をうたったことでこのお話は半分以上終わっているのではないでしょうか?ストーリー自体はそれなりに面白くもあり、変な嫌味もなくというところでした。でもこのお話は鹿児島の大隅地方のへんぴな町で、しかも「かごんま弁」で語られるっていう設定が一番のミソですよね。

2020/05/08

次へ

映画の原作本って書いてあるんですけど、ノベライズじゃないんですかね?ぺらっぺらに薄いお話でした。余韻も深みもありゃしない。

2019/06/13

感想・レビューをもっと見る