読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヤッさんIV-料理人の光 (双葉文庫)

ヤッさんIV-料理人の光 (双葉文庫)

ヤッさんIV-料理人の光 (双葉文庫)

作家
原宏一
出版社
双葉社
発売日
2019-10-09
ISBN
9784575522709
amazonで購入する

ヤッさんIV-料理人の光 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

相田うえお

★★★☆☆21099【ヤッさんIV-料理人の光 (原 宏一さん)】 ヤッさんシリーズを読むのはこれで4作目になりましたが、今回の新たなメンバー(弟子)は、イタリアの一つ星レストランで働いていたというホームレス青年のショータとなります。彼は市場からパクった食材、つまり原価ゼロの料理を近隣のホームレスプチ文化生活者に200円で提供し、現金収入を得ていたんです。そんな彼をヤッさんは叱りつけ、「真っ当な料理人として社会復帰させてやるから、根性を入れ替えてついてこい」みたいな出だしです。ほんとヤッさん凄えなぁ。

2021/09/30

達ちゃん

久しぶりのシリーズ面白かったです。懐かしい弟子たちも勢ぞろいでヤッさんワールド楽しめました。

2020/07/02

りょうこ

ヤッさんにも弟子が沢山出来ましたねぇ。 相変わらず、元気そうで何よりです! ヤッさんの言ってることは、いつでもまともで...当たり前のことの様でて...。大事なことです。ついつい新刊でちゃうと読みたくなる!

2020/02/02

Walhalla

『ヤッさん』シリーズの4作目です。築地市場の移転もあってか、今回は足立市場が舞台になりました。このようなところにも影響があるのですね。さて物語ですが、社員寮の食堂から始まり、一流ホテルのレストラン、田舎漁村の旅館、高級割烹から屋台のラーメンまで、食を提供するあらゆる場面で、「気働き」という言葉がひとつのキーワードになっていました。料理の出来栄えを問うだけでなく、調理する人たち、食べる人たち、食材を提供する人たちなど、それに関わる全ての人たちへの気配りを忘れないヤッさんは、いつも格好良いです。

2021/11/10

テフェ

今回のヤッさんの弟子はショータ。イタリアに渡りイタリアンシェフの夢に挫折し、帰国後足立市場で食材を窃盗し河川敷食堂で食いつないでいた。そんなショータをヤッさんは窃盗の償いと更正させるべく保護観察処分としてつれ回すことに。ショータはヤッさんのことを不信に思っていたが、食の仲人として誇り高き自由人を認め、素直に成長する姿がこれまでの弟子と変わりない。ラーメン屋台を引き継ぐ達也をサポートし、達也とともに料理の真髄「料理人には生きる喜びを感じてもらう喜びがある」を見出だす。イタリアへの再出発良かったなぁ。

2020/04/30

感想・レビューをもっと見る