読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ときどき旅に出るカフェ (双葉文庫)

ときどき旅に出るカフェ (双葉文庫)

ときどき旅に出るカフェ (双葉文庫)

作家
近藤史恵
出版社
双葉社
発売日
2019-11-13
ISBN
9784575522808
amazonで購入する Kindle版を購入する

ときどき旅に出るカフェ (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

こんなカフェがあれば、本当に海外旅行に行かなくても、旅行した気分になれるわ。ただし呪文みたいな名前のスイーツ、料理、酒ばかりで覚えられないし、名前を言えば間違いなく噛んでしまうな。店長の円さん、賢くて素敵な人だね。瑛子さんと飲み友達にもなりたいね。お店に海外の風景や街並みの写真集を置いてほしいね。そしたら、ひとりで行った時に、写真集見ながら飲み食いしたら、ますます海外に行った気分になること間違いなし。外国のカフェにいる気分になれる心地良い作品でした。

2020/02/02

良かったです。いろんな国を旅したオーナーが世界の料理やスイーツを作って提供するカフェというタイトルの意味も読んで納得、表紙の料理も話の中に出て来て納得しました。ドラマ化出来そうな内容で、ちょっとした謎解きも心地よい。あんなカフェがあったら通ってしまいそうです。主人公瑛子の心情もわかるところが結構ありました。

2019/12/21

シナモン

図書館本。ときどき旅に出て、旅先で出会った美味しいものを再現して提供する「カフェ.ルーズ」。自分の軸を持っていて強く凛として生きている店主の円、素敵だな。嫌だなーと思う展開も、総じて淡々と穏やかに過ぎていくのもそんな円に助けられてるところが大きい。嫌われてもかまわないと判断した人のことは気にしない。自分の常識は狭い範囲の常識…。ぐっとくる言葉もあちこちに。美味しそうなメニューとともに世界を旅し、自分を見つめ直すきっかけとなるような一冊でした。私もカフェ.ルーズに行きたい!

2019/12/02

machi☺︎︎゛

カフェルーズは店主の円が月の初めに旅に出て旅先で出会ったスイーツや食べ物、飲み物を再現して出すお店。ここを偶然見つけて常連になったのは円の元同僚の瑛子。平凡だった毎日がルーズに通うことで楽しくなる。日本人の感覚からは考えられないような斬新なスイーツもたくさん出てきて味を想像しながらの読書は楽しかった。

2020/10/11

カメ吉

久々の近藤史恵さんの作品。短編集でしたが読みやすく面白かった!『キリコ・シリーズ』のような日常的ミステリー(謎解き)の様な作風とグルメ要素がミックスしてて更に旅も盛り込まれ満たされる1冊でした。出てくる女性たちが強さと弱さを併せ持ってて魅力的でしたし『カフェ・ルーズ』という居場所が羨ましい。二人の女性が主人公ですが瑛子さんの悩みや幸せは現実的で自然で円さんの生き方は応援したくなる。最後の円さんの秘密はビックリですが爽やか!もっと続きが読みたい!ダラダラ続いても良いからシリーズ化してほしい。そんな作品。

2020/05/06

感想・レビューをもっと見る