読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

セブンズ! (双葉文庫)

セブンズ! (双葉文庫)

セブンズ! (双葉文庫)

作家
五十嵐貴久
出版社
双葉社
発売日
2020-06-10
ISBN
9784575523515
amazonで購入する Kindle版を購入する

セブンズ! (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぺあの

女子ラグビー(7人制)の話。残念ながら、あんまし迫力はないなぁ。 釜石市におけるラグビー人気は本当だろうけど、ラグビー部の面々の思いが伝わってこない。 ラグビールールの説明や戦術解説などがほしいところ。残念。

2020/12/21

matsu

五十嵐貴久26の引き出し(嘘です)のひとつ、スポーツ青春モノ。この人の描く「青春」って、年齢で定義されてないことが物凄く好きな理由の一つ。7人制女子ラグビーを縦軸に、姉妹の絆を横軸に、ついでに復興へのエールをZ軸に描かれるスポーツ青春小説だ。そしていつものことだけれど、この人の小説には裏テーマ(?)がこっそりと差し込まれる。今回は、何だろう、「フラット」ということか?済まない。うまく書けない。スポーツは、やるのも見るのもほぼ1mmも興味のない俺だが、ついつい読んでしまう。ほんと、五十嵐貴久は外れない。

2020/11/14

次へ

スポ根青春ものなんだけど、「地域復興のために!」と重い使命を予算も付けずに一担当者に押し付けるお偉いさんの身勝手さが今の世の中の風潮をよく表していて、面白いんだか不快なんだか。。。単純にはスカッとさせてくれない。

2020/07/24

ハナジロー

⭐⭐⭐☆☆

2020/12/02

はるるん

女子ラグビー物語。とにかく走り込みがキツそうで、読んでいてもしんどさが伝わってくる。

2020/11/24

感想・レビューをもっと見る