読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さらさら流る (双葉文庫)

さらさら流る (双葉文庫)

さらさら流る (双葉文庫)

作家
柚木麻子
出版社
双葉社
発売日
2020-09-09
ISBN
9784575523942
amazonで購入する Kindle版を購入する

さらさら流る (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

懐かしいシーンの数々から物語は始まった。どうやら「渋谷駅から青山通りを上ったところにある大学」に在籍したふたりが主人公らしい。渋谷には暗渠化した川があちこちに流れていることを、同大学出身の堂場瞬一さんの作品を読むまで、わたしも知らなかったのだが。主たるモチーフは、いわゆるリベンジポルノ。被害者となってしまった菫の葛藤と再生までの日々。わたし自身「お別れ」が上手ではないので、いろいろ過去を思いながら一気に読了。加害者側の「元彼」の心理描写さえも上手いのが、柚木さんスゴいところ。

2021/01/11

SJW

内容を確認せずに買ってしまったら、苦手なストーリー。コーヒーチェーンで働く菫(すみれ)がリベンジポルノを流出され、自分の写真をネットで見つける。親友、家族、弁護士に助けられ写真を削除していくが、被害者、加害者、友達、家族の苦しみ、後悔、自分への否定が綯い交ぜになり、読んでいる方も苦しくなっくる。渋谷、代々木八幡、初台に流れる見えない水路(暗渠)を歩きながらの思いはその流れを象徴しているよう。最後に前向きに進むことができるようになった菫にほっとした。

2021/07/18

柚木さんの小説にしてはやや読みにくさもあったし、表紙やストーリーでイメージしていた内容と少し違っていました。百合ちゃんみたいな親身になってくれる友人がいると良いな。菫はたまたまネットで自分の写真を発見したけど、ネットに上がっていることすら知らない人もいっぱいいるのだろうな。他人の軽率な行動が、過去の自身の行動が、こうも家族や職場や友人に、色んな人に影響が出るとネット社会は恐ろしいなと思いました。

2020/11/04

ponpon

所謂・リベンジポルノをテーマとした物語。広報部に勤務する菫はふとしたきっかけで、学生時代に当時の交際相手に撮影された全裸写真がネットに流出していることに気付く。誰にも言うことも出来ず、自分を責めた当初から立ち直るまでが語られる。この事態を引き起こした光晴が兎に角も情けないほど、自我形成が出来ていないまま大人になった感。発生状況に捻りを加えることで、光晴の成長という視点も加わり物語が深くなっている。それにつけても流出させた父子の意識の軽さに驚愕。菫が立ち直れて何よりだが、色々と考えるところ大の一冊。

2021/05/17

のんちゃん

菫はある日、仕事の一環でネットを見ていた時、自分の裸の写真をいかがわしいサイトで目にする。目を瞑りたくなる様なコメントの数々と共に。その写真はかつての恋人が撮影したものだった。菫は色々な人に支えられてその写真消去につとめる。そしてその間、元彼との関係を見つめ直す。色々と深く考えさせられたが、この二人、どっちが良い悪いではなく、合わなかったんだろうなぁという単純な言葉に還ってしまう感想。きっとこういう関係性の恋人同士って、巷に多くいるのかも。自分達はわかっていなくても。暗渠が話しの芯であり飾りでもあった。

2021/01/24

感想・レビューをもっと見る