読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さらさら流る (双葉文庫)

さらさら流る (双葉文庫)

さらさら流る (双葉文庫)

作家
柚木麻子
出版社
双葉社
発売日
2020-09-09
ISBN
9784575523942
amazonで購入する Kindle版を購入する

さらさら流る (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミカママ

懐かしいシーンの数々から物語は始まった。どうやら「渋谷駅から青山通りを上ったところにある大学」に在籍したふたりが主人公らしい。渋谷には暗渠化した川があちこちに流れていることを、同大学出身の堂場瞬一さんの作品を読むまで、わたしも知らなかったのだが。主たるモチーフは、いわゆるリベンジポルノ。被害者となってしまった菫の葛藤と再生までの日々。わたし自身「お別れ」が上手ではないので、いろいろ過去を思いながら一気に読了。加害者側の「元彼」の心理描写さえも上手いのが、柚木さんスゴいところ。

2021/01/11

柚木さんの小説にしてはやや読みにくさもあったし、表紙やストーリーでイメージしていた内容と少し違っていました。百合ちゃんみたいな親身になってくれる友人がいると良いな。菫はたまたまネットで自分の写真を発見したけど、ネットに上がっていることすら知らない人もいっぱいいるのだろうな。他人の軽率な行動が、過去の自身の行動が、こうも家族や職場や友人に、色んな人に影響が出るとネット社会は恐ろしいなと思いました。

2020/11/04

ピロ麻呂

タイトルからして爽やかな感じかと思いきや、リベンジポルノの話。今や誰もが自由に画像を投稿できるけど、一度ネットに載せると拡散して、完全に消すのは難しくなる。ネットの危険性を十分認識しなくちゃね。

2020/10/05

はるき

 男女差別の要因として、女性同士が助け合わないことも問題だと思う。他人事だと遠巻きにする、一種の娯楽として楽しむ、それもまた人間の性ですが…。大きな範囲で連携する意識があれば大きなムーブメントになるかも。

2020/09/25

こゆび

裸の写真が流出した。別れた恋人だけに許したはずの姿だった。誰かのせいにして立ち止まったままの弱さと、誰のせいにもしないで進んでゆく強さ。言い訳するようにどうしてこうなったのかを考える彼と、これからどうしてゆくのかを考える彼女は対照的だった。さらさら流る水のよう、濁ったままではなく澄んでゆく。そんな心を私も持ちたい。

2020/10/08

感想・レビューをもっと見る