読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

1日10分のぜいたく NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

1日10分のぜいたく NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

1日10分のぜいたく NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)

作家
あさのあつこ
いしいしんじ
小川糸
小池真理子
沢木耕太郎
重松清
髙田 郁
山内マリコ
出版社
双葉社
発売日
2020-10-14
ISBN
9784575524079
amazonで購入する

1日10分のぜいたく NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみきーにゃ

いしいしんじさん、沢木耕太郎さん、山内マリコさんが初読み。高田郁さんのムシヤシナイ、虫養い。初めて聞く言葉。おじいちゃんイケイケー!!このお話が一番好き。

2021/02/10

☆よいこ

短編集。[みどり色の記憶:あさのあつこ]進路に悩む中学生木登り[果物屋のたつ子さん:いしいしんじ]画学生[神主の白木さん:いしいしんじ]八百万の神[バーバのかき氷:小川糸]富士山[テンと月:小池真理子]ペンション[ピアノのある場所:沢木耕太郎]友達の家[おまじない:重松清]震災[ムシヤシナイ:髙田郁]蕎麦屋[ああ幻の東京五輪(世田谷区)/団地への招待(板橋区)/日本インド化計画(江戸川区)/東京の誕生(東京都):山内マリコ]町を擬人化して語る▽ムシヤシナイ良かった。おまじない泣いた、さすがの重松清。

2021/02/05

tetsubun1000mg

NHKの「WORLD JAPAN」というラジオ番組で世界17か国語に翻訳されて放送された中から選ばれたアンソロジー。 一つ一つは短いが大変心に残る。特に好みは、いしいしんじ「果物屋のたつ子さん」高田郁「ムシヤシナイ」だが飛びぬけて気に入ったのは重松清「おまじない」だった。相変わらず重松さんはうまい!

2021/04/25

ぶんこ

1日10分としてのシリーズになっているようですが、知らずに読みました。良かったので他のも読んでみたいです。今回のお気に入りは重松清さんの「おまじない」と高田郁さんの「ムシヤシナイ」。ともに人の気持ちの優しさ、いじらしさが感じられました。特に「ケイコちゃん」は、多分同じ被災地であろう気仙沼に、私も「ケイコちゃん」という学生時代の友がいたので感無量。近くの志津川にも友がいました。そんなことを思い出してしまい、マチコさんが電話をくれた同級生に会わずに帰るところがズシンときました。

2021/07/05

(*'ω' *)@k_s

市立図書~著名な作家さんによる8篇の短編集。初めましての方、お久しぶりですの方、視点も趣向も多種多様、それが一冊で読めるなんてぜいたく✨1番好きなのは高田郁さんの「ムシヤシナイ」孫の行く末を案ずる祖父の優しさと心遣いに目頭が熱くなった。…小言になってしまいますが、なんか読みにくいんです。物理的に^^;読む時の手触りで、やけに硬いなと思ったら…他の文庫本と比べて異様に紙が厚い(笑)薄くなっちゃうからって、そこでかさ増しする?!Σ(゚д゚lll)…あ、そういう点も含めてぜいたくな一冊なのかも(≧∇≦)ワハハ

2021/09/02

感想・レビューをもっと見る