読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

やさしい夜の殺意 (双葉文庫)

やさしい夜の殺意 (双葉文庫)

やさしい夜の殺意 (双葉文庫)

作家
小池真理子
出版社
双葉社
発売日
2020-12-10
ISBN
9784575524284
amazonで購入する Kindle版を購入する

やさしい夜の殺意 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

じいじ

小池さんの小説は、安定しているから安心して読めます。5話の短篇集ですが、構成組立ての巧さに加えて男と女のドロドロした話も、不安と緊張感を抱かせながら、スカッと読ませてくれます。表題作は、タイトルに据えた作品だけに、男女の感情の駆け引きのアヤが巧く描かれていて面白い。私的には【それぞれの顚末】が好きです。人間は概して窮地に立つと、悪い方に考えてしまいがちです。或る夫婦が偶々、自分も乗る飛行機に爆弾を仕掛ける不審者を、空港で目にします…。そして、 意外な結末が待っています。

2021/03/30

キンモクセイ

平凡な日常生活の中に潜むブラックな出来事。それはある日突然やって来る。「やさしい夜の殺意」家を飛び出し向かった先は13年も疎遠だった兄の所。ここに来なければ誰も不幸にはならなかったのに。「それぞれの顛末」場所がモスクワ空港もブラックだ。これがハワイやグアムだったら考えもしない。同じ飛行機にスパイ疑惑の女性と10時間も同乗は耐えられない。その中で2組の男女の腹黒さも顛末もブラック。「青いドレス」執行猶予中の男に事故を見逃す条件はサスペンスの王道。青いドレスだけじゃなくて爪の色まで抜かりなく。そこ大事だから。

2021/09/10

カブ

ボタンの掛け違いか、選択の誤りなのか、ちょっとした違いで不幸にみまわれる主人公たち。まるでオムニバスのドラマを観ているような5編の短編集です。どのお話も最後までドキドキしました。

2021/01/10

アコ

5篇収録のサスペンス短編集。1993年刊の中公文庫の新装版。どうしても時代を感じる描写は多いけど(例:登場人物の名前、女性たちの控えめな立ち振舞や飛行機の喫煙環境など)読みやすいし、情景が目に浮かんでくるのはさすがといったところ。どの篇もちょっとしたズレが物語のキーとなっており、中でも『青いドレス』のものが印象深い。『それぞれの顛末』もよかった。※神秘的な表紙絵は青依青さん

2021/08/08

アカミネ

表紙と概要に惹かれて手にしたが、雰囲気作りは中々良い、しかし想像を超えないオチがねぇ〜助走の勢いがある分失速感も強く感じてしまいましたよ。短編集じゃなければもっといい収まり方になったかもしれないですね。

2021/03/24

感想・レビューをもっと見る