読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

京都寺町三条のホームズ(17)-見習いキュレーターの健闘と迷いの森/後編 (双葉文庫)

京都寺町三条のホームズ(17)-見習いキュレーターの健闘と迷いの森/後編 (双葉文庫)

京都寺町三条のホームズ(17)-見習いキュレーターの健闘と迷いの森/後編 (双葉文庫)

作家
望月麻衣
出版社
双葉社
発売日
2021-08-05
ISBN
9784575524918
amazonで購入する Kindle版を購入する

京都寺町三条のホームズ(17)-見習いキュレーターの健闘と迷いの森/後編 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

円生の個展後半。佐田と智花の結婚への妨害依頼と驚きの始まり。そして円生も個展は止めたいと言い出し、どう決着を付けるのか心配になる。円生は自己肯定感が低い故に行動にリミッターを設けてしまい、もどかしく感じること多々。でもホームズさんと葵の熱意に促され前に進めて良かった。ユキとのやり取りは素敵です。一方、葵は大学卒業後のNY行きは確定路線に。背中を押すホームズさんも格好良い。エピソードは概ね大団円となり、クリスマスの日の2人の甘いシーンで終わったので、もしや完結?と思ったら続編があるようで嬉しい。

2021/08/12

hiro

ビブリア、万能鑑定士、タレーランなどの女性がホームズ役のシリーズを読んでいたが、ホームズ役は骨董品店のオーナーの孫・清貴、ワトソン役が女子高生・葵の京都を舞台にしたミステリということに興味を持ち、このシリーズ第1巻を読んでからもう6年も経った。第6.5巻を含めてシリーズ18冊目で、葵そしてあの円生のこの先進む道がはっきり見えて一区切りというところで完結かと思ったがまだ続くようだ。これからは、ホームズから少し離れたところでキュレーター・葵の活躍を期待したいので、このあとも楽しみに読んでいきます。

2021/12/11

ひさか

2021年8月双葉文庫刊。書き下ろし。シリーズ17作目。後編だけあって、小松探偵事務所に持ち込まれた事件の謎解きや円生とホームズの覚悟とか大団円めいた仕舞方でした。円生が幼いというか若いのにびっくりしましたが、ホームズ、葵、円生って、そもそも、20代はじめなのでまぁそういうところあたりまえといえばあたりまえですね。

2021/09/12

ばう

★★★前巻から続いて祇園の敦子からの弟子の結婚を阻止して欲しいという依頼は意外な展開。『拝み屋さん』シリーズの澪人も登場したのが嬉しすぎる♡それともう一つの柱である円生の展覧会も無事成功してめでたしめでたし、です。葵ちゃんはどんどん成長していきますね。一流キュレーターになる姿が目に浮かぶようです。自分を「呪われている」と思い込んでいる敦子の息子に語る清貴の「呪いというのは自分が自分にかけてしまうもの」という言葉が好き。その通りですよね。清貴、葵、小松達との関わりで自己肯定感が増す円生の未来が楽しみです。

2022/05/23

万葉語り

シリーズ17作目。小松さんの探偵事務所に娘と恋人を別れさせたいとの依頼が舞い込む。徳島県の神社でもらった水晶のお守りが事件を解くカギになる。一方で葵ちゃんは円生の個展をキュレーターとして企画。神戸切子と円生の風景画のコラボ展、見てみたいと思った。しかしわんこのようなホームズさんにすべて持っていかれた巻でもありました。2021-146

2021/11/15

感想・レビューをもっと見る