読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

吉田版「居眠り磐音」江戸地図 磐音が歩いた江戸の町 (双葉文庫)

吉田版「居眠り磐音」江戸地図 磐音が歩いた江戸の町 (双葉文庫)

吉田版「居眠り磐音」江戸地図 磐音が歩いた江戸の町 (双葉文庫)

作家
吉田 喜久雄
佐伯泰英
「居眠り磐音江戸双紙」編集部
出版社
双葉社
発売日
2012-01-12
ISBN
9784575665406
amazonで購入する

吉田版「居眠り磐音」江戸地図 磐音が歩いた江戸の町 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Matoka

居眠り磐音にハマりすぎて買ってしまった。っていうかこの地図面白い。ずっと眺めていられるかも。

2017/03/04

公路郎

本というよりは、大きな地図です。でも、小説と同じくらい飽きない。何時間でも見ていられそう。物語に思いをはせるもよし。今の東京と比較して楽しむもよし。時を忘れて眺めいってしまう。この地図を作った方がファンの方だという。そこもすごい。ファンならではのかゆいところにも手が届く作りで大満足の一品

2012/01/13

mica_red

昔、物語を書き散らしていた頃、自分が書いている物語の世界を地図にして、それを見ながら書いてたことがあった。この地図や、「ゲド戦記」の地図などを見ていると、その時のことを思い出す。こういうものがあると、世界観を統一できるので面白い。現在の交差点名なども入っているので、持って歩いても良し。ファンの方が作ったとか。ありがたや。

2012/04/23

うしちゃん

発売待っていました。さっそく本と地図とで楽しんでいます。

2012/01/12

BJF028

5巻まで読んだところでこの地図を購入。位置関係がわかって楽しいのだけど、ネタばれが地図上に…。

2016/04/16

感想・レビューをもっと見る