読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雄風翻く-返り忠兵衛江戸見聞(5) (双葉文庫)

雄風翻く-返り忠兵衛江戸見聞(5) (双葉文庫)

雄風翻く-返り忠兵衛江戸見聞(5) (双葉文庫)

作家
芝村凉也
出版社
双葉社
発売日
2012-03-15
ISBN
9784575665512
amazonで購入する

雄風翻く-返り忠兵衛江戸見聞(5) (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tengen

三人の刺客、手練れの刺客と立て続けに忠兵衛は襲われる。幾度かの真剣勝負を通じて技の高まりを自覚するも相手の技量に圧倒される。満身創痍の身体で神原に内紛で済ますのか幕閣に知れても良いのかと迫る。神原が回答として連れてきたのは兄壮太郎を殺害し、幾度も忠兵衛に刺客を送り込んできた人物、菊坂右門であった。国元では直篤は主君押込にあう。一気に定海藩は改革派のものとなり、神原は逐電。相手を失った浅井は放浪の旅へ。忠兵衛は仕官を断る。ただ南波屋江戸店の朝太郎は失脚し、本店隠居の喜六が登場。さて、次の展開は如何に。

2017/12/04

ひかつば@呑ん読会堪能中

真っ正直な若者忠兵衛の第5弾は素浪人筧忠兵衛誕生。次に含みを持たせてはいるが、とりあえず第一部終了として纏めちゃったという感じ。主君第一のはずの宿敵御側御用取次の帰国後の行動、その後の藩の人事、前巻で登場した新たな悪役朝太郎の始末など、どれも今一つ納得がいかないな。もうひとつ、真っ正直な「武士」を貫いていた忠兵衛が浪人になったからといってアカンベーはないだろ。

2012/11/27

あかんべ

これで終わるのか、南波屋神原組の反撃として続くのか?浅井を旅立たせたのも伏線になっていくような気もする。前巻より忠兵衛が斬られながらも頑張っていて、わたしは好きだな。色々な人物を絡めたいがページが足らないのだろう。芝村さんにはぜひ長編を期待したい。

2012/06/01

へたれのけい

読書ペースが落ちている今、数少ない読める本です。楽しい趣味などが重なってハードな本を読む時間が少なくなっています。  こんな時期もありでしょう。

2019/10/30

ソババッケ

シリーズ5作目。時代は文政から天保へと移る。初めて時代背景が明確となった。まだ、水野忠邦も遠山の金さんも登場はしていない。時代としては水野忠成の時代。前半は非常にテンポも遅く、ダラダラとした内容に比して、後半は一挙に進展してしまう構成には不自然さえ感じてしまう。国元で生じた藩主の押込め騒動は唐突すぎた。現藩主の隠居という結果を迎え、因縁のあった御家人・浅井も旅立った。ということは、元定海藩士としての筧忠兵衛の物語は終わったということなのか。6作目も出ていることから、次からは単なる浪人忠兵衛物語か。★3.2

2012/08/19

感想・レビューをもっと見る