読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

うさぎとマツコの往復書簡 全身ジレンマ (双葉文庫)

うさぎとマツコの往復書簡 全身ジレンマ (双葉文庫)

うさぎとマツコの往復書簡 全身ジレンマ (双葉文庫)

作家
中村うさぎ
マツコ・デラックス
出版社
双葉社
発売日
2014-09-11
ISBN
9784575714203
amazonで購入する

うさぎとマツコの往復書簡 全身ジレンマ (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

rakim

異端の人と異形の人、うさぎさんもマツコさんもお話になっている、お書きになっていること・ものがそれぞれ面白くて好きなので「往復書簡」は是非読みたいと購入。誰でも「普通」って何?と疑問に思ったことがあると思う。「普通」の中に逃げ込んでいるととりあえず安心ってところがあると思う。お二人の同調している部分と調和していない部分、それをぶつけながらも見えてくるものは〝異〟だからこそ凝視できるのかもしれない。このお二人に対してはちょっと野次馬気分がありながらも注目したいと思っています。

2016/09/14

Mariko

「普通の人生」か「普通じゃない人生」の差はどこで決まるんだろう。どちらにしても人間が求めているものは共通していて、手にいれてる人といない人の差は何だろう。まさかこの本で自分の人生振りかえるとは。泣いちゃったよ、すごくて。

2014/10/25

美麗

何か気楽に読めるものを、と思って買ったのに予想に反して哲学的かつ真摯かつ切実な内容で胃がキリキリしてしまった。どうしても中村うさぎに自分を重ねて見てしまって(反面教師的な生き方とか過剰な自意識とか歪な愛し方とか)重く、身につまされる。辛くて痛い。30代以上の独身女性は読むと落ちる危険性があるので要注意。もっとライトでポップなのを期待してたのにー!泣

2014/10/06

okin

対極にいるようで、実は近い存在のお二人。ここまであけすけに自分の意見を言い合える存在ってすごい。時にお互いの意見に怒りを覚えているようだけど、それに対して逃げ腰にならず容赦無く意見をぶつける。魂の双子というだけあるなー。結婚や出産という女としての呪縛という言葉に共感した。現に自分がそういう呪縛にあってるから…でもこの本読んで少しだけ気が楽になったかな。

2014/12/21

尾白

魂を切り売りしている、というわりに『生活』の切り売りな気がする。『肥大化した自己』に振り回されているのに、『本当の自分を探す』のは何故?とっても期待してたんだけどなぁ・・ でもマツコの――何も手の中にはなかったけど、何もないぶん、そこには希望しかなくて、まだ霧の中にある見えない高みに向かい、ただがむしゃらに生きてた―― は、ぐっときた。

2014/10/02

感想・レビューをもっと見る