読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

犬棒日記 (双葉文庫)

犬棒日記 (双葉文庫)

犬棒日記 (双葉文庫)

作家
乃南アサ
出版社
双葉社
発売日
2021-07-15
ISBN
9784575714906
amazonで購入する Kindle版を購入する

犬棒日記 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

近々に「続・犬棒日記」が出ると知り、その前に前作を読んでおこうと思い手に取った。乃南さんの小説はほとんど読んでいるが、エッセイを読むのは初めて。軽い気持ちで読み始めたのだが、変化球を投げられたような印象を持った。本書はたまたま遭遇した、名も知らぬ行きずりの人々の事を、乃南さんの視点から描いているものばかりだった。描かれる人たちがあたかも小説に出てくる人物のように描写されていて、4,5ページの話がショートショートの小説を読んでいるような感覚にさせられた。乃南さんの小説の原点のような作品集。

2022/01/05

あつこんぐ

初読みの作家さん。早く読めばよかった‼️と後悔しています。エッセイというより短編の小説集を読んでいる感じでした。鋭い観察眼と素晴らしい文章力があれば何気ない日常もこんなにドラマチックになるんですね。いやー、参った。追いかけたい作家がまた増えてしまったなぁ。

2021/11/21

DONA

苦手なはずのエッセイもさらさらと読めました。日記というより短編小説のようでした。ついついオチを求めてしまうのですが、オチは無くても色々想像することが出来て面白かったです。自分が同じ人に遭遇してもここまで色々感じることはあるのかな?と思ってしまいました。

2021/08/07

フクミミ

続編から読んだので、こちらも読む事に。コロナ前の日常ですが、結構ダークな人間模様が多めです。一つ一つがショートショートのような仕上がりで、ついつい手を伸ばしてしまうスナック菓子のようなやめられない魅力があります。また続編が読みたい。

2022/04/03

丸々ころりん

著者のちょとした日常を日記に綴る1冊 只々、見たまま感じたままを綴っているだけど、それからどうしたの?と聞きたくなる話ばかりです。

2021/12/20

感想・レビューをもっと見る