読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花に問ひたまへ (アクションコミックス)

花に問ひたまへ (アクションコミックス)

花に問ひたまへ (アクションコミックス)

作家
さそうあきら
出版社
双葉社
発売日
2015-08-10
ISBN
9784575846713
amazonで購入する Kindle版を購入する

花に問ひたまへ (アクションコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

目の不自由な人が主人公で終始苦しい話が続いたが、最後にその苦労が報われていく様が感動した。ちはやとの関係が良かった。

2017/07/02

ぐうぐう

さそうあきらの漫画は、いつも優しさに溢れている。同時に、現実のシビアな問題をきちんと配置し、ここが私達が住む世界と同じだということを忘れさせない。そういう意味で言うと、最新作『花に問ひたまへ』は、善意への肯定がこれまでの作品と比べると、やや強いように感じられる。優しすぎ、温かすぎる登場人物達に正直、戸惑いも覚える。それでいて、これを都合よく寓話と割り切って読んでもらおうとさそうが思っていないことも伝わってくる。そんなさそうの誠実な想いが、ここも私達が住む世界と同じだと、やがて思い出させるのだ。

2015/08/15

MH

「無垢な存在」と「世界」との出会い、を主題に描かれることが多いと言われるさそう作品。しかし、本作の主人公は生まれついての無垢というわけではなく…。聖性をも感じさせる純粋さと、人間の業というか心の闇の両方が描かれているのがこの人の漫画のいいところ。必ずエロが含まれていることも。ただしストーリーをまとめることに重きを置いていないか、得意ではなさそうなので、そういう点を重視する人には物足りないかも。絵が下手と言われることが多いのですが、人の感情・表情を非常に上手に表現される方だと思う。

2015/09/29

kenitirokikuti

TSUTAYAでレンタル。掲載(配信)がKindle版のアクションだったそうで、このタイトルを知らなかった。さそうあきら作品を読むのは、『コドモのコドモ』以来かもしれない。やや「ふれあい」っぽさを感じさせるムードだが、河川敷の描写がとても印象で、おざなりさみたいなものはない(もとから、そういう作風だけども)

2017/06/30

つばぶぅ

綺麗なお話すぎて合わないってこともたまにある。卑屈になったり人を蔑んだり、しないほうがいいのはもちろんだけど、もう手遅れなんですよ…。それともそんな出会いがあるのだろうか。人間力、か。

2015/08/14

感想・レビューをもっと見る