読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハイポジ(1) (アクションコミックス)

ハイポジ(1) (アクションコミックス)

ハイポジ(1) (アクションコミックス)

作家
きらたかし
出版社
双葉社
発売日
2017-06-28
ISBN
9784575849950
amazonで購入する

「ハイポジ(1) (アクションコミックス)」の関連記事

マンガの絵柄もパロディ化! 80年代カルチャーを懐かしむ漫画『ハイポジ』と『スローモーションをもう一度』

『ハイポジ』(1~3巻)きらたかし双葉社アクションC

 80年代カルチャーが流行の今日この頃。その波はマンガをも席巻中。今日はそんな2作をご紹介したい。  一つは、きらたかしの『ハイポジ』。妻に離婚を切り出され、リストラされた46歳の光彦が16歳の自分にタイムスリップするお話。1986年に戻り人生のやり直しを図るのだ。不器用な男の恋と成長物語を得意とする作者の真骨頂的な本作には、80年代の音楽やファッションが満載。同世代はくすぐったい気持ちになるだろう。  もう一つは加納梨衣の『スローモーションをもう一度』。こちらは80年代の物語ではなく現代が舞台だが、80年代のアイドルやおもちゃが好きという男子高校生が主人公。同じ趣味の女の子と出会い、徐々に距離を近づけていく甘酸っぱい物語だ。そこも読みどころだが、作中にちりばめられた、ださかっこいいポップな80年代文化に心躍る。80年代のマンガの絵柄をパロディ化する演出など、気づく人には気づく仕掛けも楽しいだろう。  80年代文化史としても読める両作の続きが今後も楽しみだ。 文=倉持佳代子

2018/4/7

全文を読む

関連記事をもっと見る

ハイポジ(1) (アクションコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Dai(ダイ)

マンガボックスで連載してるのを読んで面白かったので。きらたかしの画風は好みでもあり、赤灯えれじぃも面白かった。ウォークマンやカセットテープが懐かしい。主人公は同世代?当時中村あゆみのアルバムも買ったなぁ。おいらも学生時代に戻りたいなぁ。でも、キツい部活動はこりごりだけど。

2019/07/03

藤瀬こうたろー

46歳で1ヶ月前にリストラされ、離婚を言い渡された男が高校時代に転生(?)するとか、いかにもな話ですが、舞台が80年代だけに懐かしいです。私もアラフォーだし、結婚や子どもの事とか、自分とカブるところもあって考えさせられます。 私の場合は主人公のようにひそかに思いを寄せてた女性っていうのなかったな~と改めて思い出します。かみさんは年下なんで探す気になれば隣の市の中学校に居ると思うけど、別に観たいという気も・・・(以下自粛) そこかしこにある80年代のノスタルジーに浸りながら展開を見守りたいと思います。

2017/11/12

alleine05

人生あまり上手くいっていない中年男が死にかけて意識だけ高校生のころに戻って、というよくある設定の話といってしまえばそれまでだけど、それでも心にグサグサとくるものがありますな。しかし話の進行がじっくりしているというか、あまりがっつり進まないのが少々じれったい。あとことあるごとに中年になったころのことを思い出して、若いころは輝いていても歳をとれば……というのが突きつけられてちょっとつらい。それでもここからどうなるか続きにも期待。

2017/09/03

akihiko810/アカウント移行中

2/5巻。主人公天野(46歳)は、リストラされ離婚を切り出されるが、死に際に高校生の自分にタイムスリップしていた。密かに思いを寄せていたさつき、のちに妻となる幸子2人のヒロインもいて…  きらたかしの作品をまともに読むのはこれが初めてだが面白い。86年の風俗がけっこう紹介されていて、自分が1歳の時代なので新鮮。しかしきら作品にはヤンキーが結構出てくるが、本作でも主人公がヤンキー化しそうな勢いなのがよくない

2020/10/21

イーダ

ケッチンが面白かったので買ってみたけど、若返り&時空移動ネタはさすがに食傷気味かな。この作者ならではの視点と小沢さんに期待して次巻を買うか悩むところ。

2017/11/10

感想・レビューをもっと見る