読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

りとる・けいおす 完全版 (アクションコミックス)

りとる・けいおす 完全版 (アクションコミックス)

りとる・けいおす 完全版 (アクションコミックス)

作家
涼川りん
出版社
双葉社
発売日
2018-07-06
ISBN
9784575851816
amazonで購入する Kindle版を購入する

りとる・けいおす 完全版 (アクションコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

神太郎

あそびあそばせの前にかいていた作品の完全版を手にいれたので読む。けいおす=カオスということからして分かるように混沌としている。相変わらずのパンチ力である。顔芸のイメージのある作者だがどちらかというとこのときはまだそこまででキャラもきちっとかかずディフォルメされてるのであそびあそばせとは別の意味で「表紙詐欺」をしている、この完全版。でも、良いんだ、そんなことは。だって『りとるけいおす』なんだもの。それ含めてこの混沌とした内容を楽しもう。そうしよう。

2020/07/18

寝落ち6段

小学3年生の女の子たちが繰り広げる、日常ギャグ漫画。可愛いデフォルメした絵柄で、のほほんとするかと思いきや、突然分厚い辞書で殴ってくるようなパワースタイル。タイトルも「little chaos」ということだが、リトルどころではない。不条理、変態、妖精、うんこなどシュールで、何でもあり。しかし、顔芸が少ない。後の作品である「あそびあそばせ」を見慣れているせいもあるかもしれない。打ち切りで終了したのだが、この毒素のある沼に足を取られてしまう気持ちがわかる。

2019/12/27

紫雲寺 篝

あそびあそばせアニメ化に伴う、りとる・けいおす2冊分と+αを収録した完全版。だいぶ前に本編を読んだのでどんな話だったか忘れていたが、読んだら思い出したし、思っていた以上に笑えた。やっぱりインパクトが強いから読むとすぐに思い出す。普通の絵と、めちゃくちゃデフォルメした絵と、劇画風にした描写。それぞれを使いこなすのもそうだけど、違うタイプのパーツを一つにまとめて使ったりするからインパクトがある。下ネタもあるけど、この可愛い絵柄でなんとも言えない展開を描いているのが独特な読み味。最終話が下ネタと打ち切りのメタ。

2018/08/08

十二月の雀

あそびあそばせ新巻読んで、鈴川りん成分を過剰摂取したくなり購入。これは、あそけんの三人と同じ声優さんでアニメ化してみてほしい。博識なくせにクソみたいな下ネタで笑いとるのなんなんだ……。本当にごく稀に可愛いときあるのが油断ならない。パワプロみたいな顔しやがって。

2020/09/09

Mark.jr

「あそびあそばせ」の涼川りん先生の何故か2巻で終わってしまった初連載作品の新装版です。基本は「あそびあそばせ」に繋がるギャグ漫画なのですが、ユルキャラ的にデフォルメされた登場人物に後の作品に比べて顔芸が抑えめなため、涼川先生本来のギャグによるカオティックなノリが大きく出ています。笑いながらも脳の内側がムズムズするそんな作品です。

2018/08/06

感想・レビューをもっと見る