読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ディアーナ&アルテミス(2) (アクションコミックス)

ディアーナ&アルテミス(2) (アクションコミックス)

ディアーナ&アルテミス(2) (アクションコミックス)

作家
太田垣康男
出版社
双葉社
発売日
2020-09-30
ISBN
9784575854947
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ディアーナ&アルテミス(2) (アクションコミックス)」の関連記事

SFを描き続けるために信頼できるパートナーと分業のスタイルへ。6Bの鉛筆で描くネームとは?/太田垣康男インタビュー③

『MOONLIGHT MILE』や『機動戦士ガンダム サンダーボルト』といった緻密なSF作品で知られるマンガ家・太田垣康男。彼は2018年に、腱鞘炎によりマンガ家人生の大きなターニングポイントを迎えることになるが、SFを描き続けるためにそのスタイルを変えた。

『ディアーナ&アルテミス』(双葉社)

――原点回帰となる『ディアーナ&アルテミス』を描いてみて、太田垣先生はどんな手ごたえを感じていらっしゃいますか?

太田垣:やはりSF作品は作画カロリーが高くて大変なんです。SF作品は、メカのディテールがとても重要になるんです。キャラクターが宇宙服を着ていたら、それは服ではなくてほぼメカ、ロボットなんですよね。街の背景が出てきたとしても、現実の写真を使うことも、トレスすることもできないので、ゼロから未来世界を描き起こさないといけない。『MOONLIGHT MILE』を描いているときから、大変だなと思っていたんですが、腱鞘炎になって絵が描けなくなって、SFを続けて描いていくことは至難の業だなと、あらためて実感しました。

――作画カロリーの高さを、今回はどのように克…

2020/11/23

全文を読む

未来の予測をアップデートして、世界観を更新する/太田垣康男インタビュー②

『MOONLIGHT MILE』や『機動戦士ガンダム サンダーボルト』といった緻密なSF作品で知られるマンガ家・太田垣康男。彼は2018年に、腱鞘炎によりマンガ家人生の大きなターニングポイントを迎えた。その契機になった一作が『ディアーナ&アルテミス』(双葉社)。再起の一作にかけた想いを語ってくれた前回につづき、2回目では、SF描写、SFガジェットを通し、より作品のディテールに迫る。

『ディアーナ&アルテミス』(双葉社)

――今作のヒロイン・ディアーナとアルテミスはアラサーの女性たちですね。

太田垣:本当はティーンエイジャーをヒロインにすると受けやすいんでしょうけど、私は個人的にあまりそういう年代にグッと来ないんですよね。自分にとっては20代真ん中ぐらいから30代が自分のストライクゾーン(笑)かもしれません。

――女性のコンビものと考えると、アニメ化もされた、高千穂遥さんのSF小説『ダーティペア』などを連想します。

太田垣:当然、意識していましたね。『ダーティペア』や『クラッシャージョウ』が好きだったので、そういった作品にリスペクトを捧げつつ、挑戦してみた…

2020/11/22

全文を読む

関連記事をもっと見る

ディアーナ&アルテミス(2) (アクションコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

JACK

☆ 月世界で貴重な水を狙う強盗たちは貨物船のコンテナを月面に落とし、混乱に乗じて逃げようとしている。地球の1/6の重力でも都市に落ちれば想像を絶する被害が出る。ディアーナとアルテミスは荷物の落下を防ぎ、犯人を逮捕しなければならない…。キャラクターもメカニックも魅力的。あとがきによると、太田垣先生は腱鞘炎のためペン入れが出来ず、RECON Inc.に原稿を仕上げてもらっているそうだが、絵柄はしっかり太田垣さんのもので、力強く違和感がない。一旦シリーズは終了だが、続きが読みたい作品。

2020/10/07

F4ふぁんとむ

ネームだけ描くというスタイルが確立できそうなのは、喜ばしいことだ。それにしても、これで終わるのはあまりにももったいないよ。ペース遅くてもいいから、もっと描いてくれ。

2020/10/03

感想・レビューをもっと見る