読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ルパン三世傑作集 (アクションコミックス)

ルパン三世傑作集 (アクションコミックス)

ルパン三世傑作集 (アクションコミックス)

作家
モンキー・パンチ
出版社
双葉社
発売日
2019-07-12
ISBN
9784575945553
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ルパン三世傑作集 (アクションコミックス)」の関連記事

広瀬すず・吉田鋼太郎・藤原竜也参戦! 映画「ルパン三世 THE FIRST」新情報一挙解禁でファン大盛り上がり

 2019年12月6日(金)公開の3DCGアニメ映画「ルパン三世 THE FIRST」より新予告映像・本ポスター・ゲスト声優が一挙解禁。激しいアクションを予感させる仕上がりに、ファンから「これは絶対映画館で観なきゃ」「思ってた以上にスケールがデカい!」と興奮の声が寄せられている。  原作者のモンキー・パンチが待ち望んでいた“3DCG”による同作は、映画「アルキメデスの大戦」の大ヒットが記憶に新しい山崎貴が監督・脚本を担当。ボイスキャストにはルパン三世役の栗田貫一や峰不二子役の沢城みゆき、銭形警部役の山寺宏一らおなじみの面々が揃った。  本ポスターにはルパンを筆頭にメインキャラクターが集結。また考古学を愛する少女・レティシア、伝説の秘宝「ブレッソン・ダイアリー」を狙う秘密組織の研究者・ランベール、秘密組織を操る謎の男・ゲラルトの姿も。ゲスト声優としてそれぞれ広瀬すず・吉田鋼太郎・藤原竜也が声を務め、広瀬は「面白いシーンも沢山ありますが、その後にズシッと重いシーンもあって、先が読めなくていい意味で裏切られました」と見どころを語っている。  新たに解禁…

2019/11/3

全文を読む

「ついにルパンも3Dになる時代か…!」 映画「ルパン三世 THE FIRST」予告映像公開! 3DCGのルパンに期待の声

 モンキー・パンチが生み出した不朽の名作『ルパン三世』の3DCGアニメ化が決定。「ルパン三世 THE FIRST」として劇場公開されることが明かされ、「ついにルパンも3Dになる時代か…!」「予想以上にカッコよくてワクワクする」と話題になっている。

 2019年は、「ルパン三世」の劇場版シリーズの中でも人気の作品「カリオストロの城」が公開40周年を迎える記念すべき年。12月6日(金)に公開予定の「ルパン三世 THE FIRST」は、シリーズ初の全編フル3DCGアニメーションだ。監督と脚本を手がけるのは、「STAND BY ME ドラえもん」や「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」などの山崎貴。今回はルパン一世ことアルセーヌ・ルパンにまつわるストーリーになっている。

 公式サイトで解禁となった予告動画は、原作イラストのルパンやアニメシリーズの名シーンを集めたカットからスタート。映像が切り替わると、3DCGビジュアルのルパンが傷だらけのシルクハットを被って現れた。ルパンのほかに次元大介、石川五ェ門、峰不二子、銭形警部といったお馴染みのメンツも登場し、アク…

2019/7/21

全文を読む

関連記事をもっと見る

ルパン三世傑作集 (アクションコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

先日NHKBS「アナザーストーリー」で「ルパン三世」をやっていた。どうやって「ルパン三世」が生まれたのか。それを思い返しながら読む。なんで、モンキー・パンチとなったのか。なんで、こんな魅力的な女性が描けるのか。手塚漫画の流れとは違う貸本漫画から生まれたバタ臭くもシャレたタッチ。ちゃんとこの漫画を読んだのは久々かな。アニメとはまた違う大人な世界だ。

2019/08/29

ヨシ

モンキー パンチ追悼出版ということで。初めて読んだ。まあまあシュールで良かったかなと。でもやっぱりアニメが好き。

2019/07/29

池田羽衣

面白い!

2020/03/11

kujira

ルパン三世の原作はあんまり読んでないけど、おそらくこのセレクトは入門編なんだろうな……と感じさせるセレクション。原作はもっとエロとアクションとに溢れてるもんだと思ってたから、案外アニメのあの感じに慣れた人間でも入りやすいセレクションなんじゃないかな、と。「アニメのルパン三世を見て『まあ世の中の好み的にはこんなんだよね、原作はこんなんじゃないけどさ』みたいに言い放つ、ちょっとめんどくさい原作派」を納得させるようなセレクションだとどういう作品が揃うのか見てみたいなー。

2020/08/10

satoshi

スラップスティックでナンセンスな内容を洒落たタッチで描いた、独特の雰囲気を持つ作品。読者の裏をかくストーリーに騙される快感を味わえる。新の方がやっぱり読みやすい。

2019/12/15

感想・レビューをもっと見る