読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

青い瞳の狼 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

青い瞳の狼 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

青い瞳の狼 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

作家
リンダ・ハワード
Linda Howard
加藤 洋子
出版社
二見書房
発売日
2000-05-01
ISBN
9784576005782
amazonで購入する

青い瞳の狼 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

naoっぴ

【再読】一時期読んでいたロマンチックサスペンス本の中でこれだけは手元に取っておいてあるお気に入り(*^^*) んもーやっぱりいいです♪ 筋はほとんど忘れていたけど、この諜報活動のスリルと胸きゅんロマンスに数年たった今もまたまたのめり込んで夜中に読みふけってしまい、この忙しい時期に寝不足…(笑) 敏腕CIAスパイのジョンがニエマへの秘めた恋心を隠し、盗聴機器のプロである彼女と組んで武器商人を相手にスパイ活動を開始。女子に向けた女子のためのロマンスぎっちりな一冊~♪

2015/12/30

ち~

CIAの伝説のスパイ、ジョン・マディーナがリーダーを務める任務に、夫ダラスと参加した二エマは、その任務で最愛の夫を亡くす。5年後、再会した2人は再び共に任務にあたる。お互いにダラスの存在を意識しつつ、作戦上で恋人を演じるうちに徐々に境界線が曖昧になっていく…そんな気持ちをじっくりと読ませながらも、2人のスパイ活動もハラハラ・ドキドキな展開でたっぷり楽しめる。ジョン・マディーナは文句なしにカッコいい!二エマも勇敢で素敵な女性。適役のロンサールも結構いいヤツ。続編があってもいいんじゃないの?

2017/05/03

とろぷり

★★★★☆某リンダランキングで「作品・ヒーローともに1位」だったので楽しみに読みました♪任務の為に人間らしい感情を押し殺してきた伝説のCIAのジョン。でもヒロインには5年も片思いしたり、嫉妬したり、無骨だけど恋心を隠せないジョンが良かった。ヒロイン・ニエマも魅力的。ロンサールとの決着が駆け足だったのが少し残念だけど面白かった♪

2016/02/21

Miyuki_fsog

あらすじを読んで H/Hがギスギスしていて 暗いストーリーなのかと勝手に妄想(。>д<) 任務があるから なかなか二人に進展なく キスまでも遠かったけど その後のホットシーンにゾクゾク《*≧∀≦》ハラハラもあり 堪能したけど エンディングがなかなか微妙だったけど H/Hともに(o^-')b !

2019/07/12

イヴ  リンダハワード祭り中

ロマンスはかなり少なめかな、っと思っていたら最後に一気に来た感じです。前作のジョーンが主人公、ヒロイン、ニエマとは過去に悲惨な状況を過ごした仲間、亡き夫ダラスの死に立ち会った二人が、こうやってまた再会してつながれる流れはよかったです。個人的には適役のロンサールの娘さんが可愛くて愛おしかった。ロンサールの話も読みたかったけど、それは作らないと、作者曰く。

2017/10/22

感想・レビューをもっと見る