読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

暁町三丁目、しのびパーラーで (二見サラ文庫)

暁町三丁目、しのびパーラーで (二見サラ文庫)

暁町三丁目、しのびパーラーで (二見サラ文庫)

作家
椹野道流
鏑家 エンタ
出版社
二見書房
発売日
2018-07-11
ISBN
9784576181028
amazonで購入する Kindle版を購入する

暁町三丁目、しのびパーラーで (二見サラ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おかだ

出だし良好。このタイトルとこの表紙の感じから、やたらイケメンが出てくるカフェ的なやつが舞台で美味しそうな食べ物がいっぱい出てきて甘~いセリフも多めで…とか想像してたけど、そんな感じではない。序盤の兎目のひもじい場面はちょっと泣きそうになった。健気で可愛い子だ。出自に大きな謎が隠されてそうなんだけど、解明されないまま…となるとこれは続編も出るのか?大正時代で哀れな孤児で白亜のお城で男ばっかの洋食レストランそして唐突に忍者、っていうやや設定が混雑してる状態だけど、一旦落ち着いて丁寧に進んで行って欲しい。

2019/01/21

hirune

あやかし無し 幽霊無し 妖魔も無し 勿論眼鏡の付喪神も無しで美味しそうな料理は有りの明治時代のお話しです。行き倒れ寸前に拾われて、洋食屋の店員になった 謎の少年と、これまた秘密を抱える店の2人の男。なんか裏の任務はN機関みたいだよね、ジョーカーゲームの。導入部ですね、謎の解明もこれから。とても読みやすく、スルスルいけちゃいますよ☆

2018/08/10

ぽろん

なるほど、しのびパーラーの意味は分かった!でも、兎目の出自は、分からないままに読了。次巻、読むかどうかは、微妙ですが、、。

2018/12/19

ありす

両親を失い路頭に迷っていた15歳の少年が拾われたのは、洋食店『しのびパーラー』。自分の名前も出路も語りたがらない少年。この店で働くサービス担当の秋月と調理担当の山蔭に兎目(とめ)と名付けられ、一緒に働くことに。最後の晩ごはんみたいな感じで進むかと思いきや、途中から思わぬ展開に。時代設定はおそらく明治時代。だからこんな展開もありなのか⁉兎目の謎が全く解決してないので続編も読みたいと思います。

2019/11/15

アズマ

これから兎目の秘密とかどうなっていくのかが楽しみです。あまり日本っぽくない感じを受けました。またご飯もので読んでいて楽しいです。

2019/02/11

感想・レビューをもっと見る