読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ちぎれ雲 柳橋ものがたり2 (二見時代小説文庫)

ちぎれ雲 柳橋ものがたり2 (二見時代小説文庫)

ちぎれ雲 柳橋ものがたり2 (二見時代小説文庫)

作家
森真沙子
出版社
二見書房
発売日
2019-01-28
ISBN
9784576190129
amazonで購入する Kindle版を購入する

ちぎれ雲 柳橋ものがたり2 (二見時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真理そら

幕末になって勝安房守の名前が出てきたり怪しい坂本龍馬もどきが登場したり…イギリス人の妻としてイギリスに渡る女性が登場したり。表題作は澤村田之助の話。まだ病気が片脚にとどまっている状態なので悲惨さはない。『雛のお宿』で綾さんの身の上がややはっきりする。

2019/02/14

ひさか

2019年2月二見時代小説文庫刊。書下ろし。シリーズ2作目。飛ばしていた巻。6つの連作短編。横浜開港以降の幕末の時代に、船宿で働く、綾の視点が面白い。

2020/10/01

goodchoice

いろいろな登場人物が出てくるが、話の基本は地味目なので、そのアンバランス感が面白い。

2019/03/05

tsubaki

柳橋の船宿、篠屋の第2弾。名女形の沢村田之助、坂本龍馬(の偽物)、勝海舟、ヘボン医師など実在の人物が登場する。 綾さんの身の上が明らかになり、その頃の友達に再会する「雛のお宿」. 脱疽で足の切断を余儀なくされた田之助の「ちぎれ雲」 下っ端の船頭見習い、竜太が船で接触事故を起こして揺すられる「夜桜銀次」など。 篠屋のご近所「柚子亭」の老女将が用心棒として雇った怪しい男に押し込み強盗の疑いが。柚子亭へ口利きはなんと勝。柚子婆への綾の一言も良かった「誰かに似た人」が一番好き

2019/08/20

感想・レビューをもっと見る