読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

江戸 早指南 小料理のどか屋 人情帖31 (二見時代小説文庫 く 2-31 小料理のどか屋人情帖 31)

江戸 早指南 小料理のどか屋 人情帖31 (二見時代小説文庫 く 2-31 小料理のどか屋人情帖 31)

江戸 早指南 小料理のどか屋 人情帖31 (二見時代小説文庫 く 2-31 小料理のどか屋人情帖 31)

作家
倉阪鬼一郎
宇野 信哉
出版社
二見書房
発売日
2021-02-26
ISBN
9784576210261
amazonで購入する Kindle版を購入する

江戸 早指南 小料理のどか屋 人情帖31 (二見時代小説文庫 く 2-31 小料理のどか屋人情帖 31) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はにこ

クセ強藩主登場でにぎやか!色々危ういところもあったけど良い方ねぇ。また出城して下され。今で言う、料理本や地球の歩き方的なものを作っているのが興味深い。昔からあったんだなぁ。久しぶりのこのシリーズ、楽しめた。

2021/12/16

ざるめ

今回は江戸へ来たばかりの大和梨川藩の殿様がお忍びで度々のどか屋へ(^^)拐かしに狙われたりと大騒ぎだったけれど、にぎやかで楽しそう♪料理の早指南が出たら絶対欲しい!

2021/12/13

ミド

お殿様がまさに物語に出てくる典型的なお殿様だった。こんなに世間知らずで大丈夫なのか。周りもへりくだり持ち上げているけれど、殿が来る日に時吉が長吉屋を抜けられないから息子の千吉ひとりにまかすとか、結構扱いは適当。タイトルの早指南はクックパッドみたいなもの。完成は次回に持ち越し。

2021/11/01

なお

大和のお殿様が登場。いい味出してる。周りに使える人は大変だろうけど笑 千吉がメインになってきている、そんなのどか屋は今日も平和です。

2021/03/28

goodchoice

要は料理の指南書なのだろうが、ちょっと内容としては乏しい感じだ。いよいよネタ切れか。

2021/05/28

感想・レビューをもっと見る