読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

しぐれ迷い橋 柳橋ものがたり6 (二見時代小説文庫 も 1-24)

しぐれ迷い橋 柳橋ものがたり6 (二見時代小説文庫 も 1-24)

しぐれ迷い橋 柳橋ものがたり6 (二見時代小説文庫 も 1-24)

作家
森真沙子
蓬田やすひろ
出版社
二見書房
発売日
2021-02-26
ISBN
9784576210322
amazonで購入する

しぐれ迷い橋 柳橋ものがたり6 (二見時代小説文庫 も 1-24) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真理そら

篤姫が登場しそうになったり慶喜が大阪から逃げ帰った件にまつわるアレコレが中心になっていて楽しく読んだけれど、柳橋ものがたりらしくないともいえるかも。

2021/02/28

ひさか

2021年3月二見時代小説文庫刊。書下ろし。シリーズ6作目。冬の朝顔、月に吠える、麗人、しぐれ迷い橋、篤姫様お成り、の幕末の時代を意識した5つの連作短編。冬の朝顔が良かった。それ意外は、幕末は感じさせるもののあまり興味を惹かれませんでした。篤姫様お成りなんか、梯子を外されたような話で、がっかりしちゃいました。

2021/05/04

感想・レビューをもっと見る