読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パラサイトグリーン ――ある樹木医の記録 (二見ホラー×ミステリ文庫 あ 1-1)

パラサイトグリーン ――ある樹木医の記録 (二見ホラー×ミステリ文庫 あ 1-1)

パラサイトグリーン ――ある樹木医の記録 (二見ホラー×ミステリ文庫 あ 1-1)

作家
有間カオル
朝宮運河
丹地陽子
出版社
二見書房
発売日
2021-07-21
ISBN
9784576211121
amazonで購入する Kindle版を購入する

パラサイトグリーン ――ある樹木医の記録 (二見ホラー×ミステリ文庫 あ 1-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆのん

植物が人間に寄生する病ーボタニカル病。ボタニカル病を研究する医師をサポートしている主人公・芙蓉は樹木医。春夏秋冬、4人のボタニカル病の人と出会う。珍しい病ではあるが、その病を抱える人の心の悲しみは現実的で感情移入しやすい。植物の美しさと同時に得体の知れない怖さを感じるのだが、その訳は最後まで読んだ時に全てが解る。美しさ、恐怖、悲しみの物語。

2021/08/20

coco夏ko10角

樹木医の雨宮芙蓉は知り合いの心療内科医の依頼で寄生植物病の人を診察することがあり…。著者の本は十冊以上読んでるけど、これが一番好きかも。寄生植物病の使い方とか作品全体の雰囲気とか…。秋ノ章が特に面白かった。芙蓉自身のことは予想が外れた。普通の会話の場面でもどこか陰がある感じとか植物のことが明らかになっても哀しみが滲んでる感じとか、花の描写とか。良かった。

2022/07/14

ふるい

樹木医の女性・芙蓉が、植物に寄生されたボタニカル病の患者の治療のため、謎を解いていくストーリー。巡る季節の中で芙蓉自身が抱える秘密も明かされていく。特に「秋ノ章 最後の花の宴」は、山中で道に迷った芙蓉が辿り着いた老婦人の家で歓待を受けるが、どこか違和感が…というホラー仕立てな話でよかった。どこまでも優しく寄り添う植物に蝕まれてしまう患者と、それを見守る人々の悲しみが滲む物語でした。

2021/09/10

こゆび

ファンタジーという感じはあまりしなかったです。どのお話も、優しいけれど少し苦めな締まり方をしていました。解決しても、何か心にはなんとも言えない不思議な気持ちが残っていて、あまりすっきりしないような…そんな感じ。 読み終わる頃には、芙蓉と朝比奈のことがもっと好きになっていました。 最初と最後が全く同じ文章になっていました。内容を知ってからその文章を見ると、意味が分かってしまうからちょっとゾワゾワします。

2022/07/09

yamakujira

樹木医の雨宮芙蓉は、樹木医としての仕事のかたわら、心療内科医の朝比奈に依頼されて、植物に寄生される奇病、ボタニカル病に罹患した患者と接触してきた。花弁を吐き出す女子高生、透ける花を咲かす少年、竜舌蘭を愛する老婆、寄生を受け入れる男性、さまざまな患者と触れ合う物語は、芙蓉の謎に近づくほどに切なくなっていく。ホラー×ミステリと謳うわりにはファンタジー色が強くて、なんとも静かな物語だな。少し前に読んだ「明日、君が花と散っても」とリンクするようなのがおもしろかった。 (★★★☆☆)

2022/05/02

感想・レビューをもっと見る